イソニコチン酸ヒドラジド(読み)イソニコチンサンヒドラジド

化学辞典 第2版の解説

イソニコチン酸ヒドラジド
イソニコチンサンヒドラジド
isonicotinic acid hydrazide

4-pyridinecarboxylic acid hydrazide.C6H7N3O(137.14).略称INAHイソニアジドともいう.イソニコチン酸またはそのエステルヒドラジンから得られる.無色または白色の結晶.融点170~173 ℃.わずかに苦い.水に易,沸騰エタノールに約10% 溶ける.ほかの有機溶媒に不溶.光によって変化する.水溶液は比較的安定である.抗結核薬として用いられ,結核菌発育阻止作用はストレプトマイシン,パラアミノサリチル酸よりも強く,副作用として手足のふるえ,不眠症,口渇,めまい,便秘などがある.LD50 150 mg/kg(マウス,静注).[CAS 54-85-3]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

デジタル大辞泉の解説

イソニコチンさん‐ヒドラジド【イソニコチン酸ヒドラジド】

isonicotinic acid hydrazide》結核の代表的な化学療法剤の一。無色無臭の水溶性結晶。化学式C6H7N3O INH。アイナー(INAH)。イソニアジド。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイソニコチン酸ヒドラジドの言及

【肺結核】より

…同年,パラアミノサリチル酸(パス,PAS)が人体に用いられ,46年スウェーデンのO.レーマンによって,その臨床効果が発表された。52年にはイソニアジド(イソニコチン酸ヒドラジド)が有力な抗結核剤として登場した。日本ではこの三つの薬の長期間(2年以上)併用が標準化学療法として行われ,肺切除術の安全性も非常に高まったため,かつて〈気胸と成形〉を主とした肺結核治療は,〈化学療法と肺切除〉を主とした様相を呈するに至り,結核死亡率は著しい減少を示した。…

【ヒドラジド】より

…結核の化学療法剤イソニコチン酸ヒドラジド(イソニアジド)の通称としても用いられるが,化学ではカルボン酸の-OH基をヒドラジンの-NHNH2基で置換した形の化合物R-CO-NHNH2を総称していう。アミド結合とアミノ基が含まれている点で,性質,製法とも酸アミドR-CO-NH2とよく似ている。…

※「イソニコチン酸ヒドラジド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android