コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタチウオ Brotula multibarbata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イタチウオ
Brotula multibarbata

アシロ目アシロ科の海水魚。全長 1m。体は比較的太いが,尾部は強く側扁し,後端はとがる。吻部にはひげがあり,これで餌をあさる。体色赤褐色下方銀白色背鰭,尻鰭,尾鰭は連続する。沿岸からやや深い海底に生息する。南日本,インド・西太平洋に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イタチウオ
いたちうお / 鼬魚
barbed brotulaweasel fish
[学]Brotula multibarbata

硬骨魚綱アシロ目アシロ科に属する海水魚。和名は、顔つき、口の周りにあるひげ、体色などがイタチに似ていることに由来する。千葉県および新潟県以南の南日本および、インド・西太平洋の沿岸に広く分布する。体は比較的太短く、尾部は側扁(そくへん)する。吻(ふん)と下あごにそれぞれ6本のひげがある。背びれ、尾びれ、臀(しり)びれは連続し、腹びれは2軟条で、喉位(こうい)にあり、先端が二つに分かれる。皮膚と鰭膜(きまく)は小円鱗(しょうえんりん)で覆われる。体は茶褐色で、腹部は淡色。各ひれの縁辺は白い。体長60センチメートル余り。浅海の岩礁地帯やサンゴ礁域の割れ目などを好んで生息し、ときには潮だまりにもみられる。産卵期は7~8月で、産卵は浅所で行う。卵の直径は0.8~1.1ミリメートルの大きさで、1個の油球をもつ。産出卵は2~7個が寒天質の卵嚢(らんのう)に包まれて海中を浮遊し、孵化(ふか)前に卵嚢から離れる。稚魚は浮遊生活をする。成魚は釣りや刺網(さしあみ)で漁獲される。肉は白身で、かなり美味で吸い物種などにされる。
 アシロ科の魚は日本の海域から約36種類が知られるが、イタチウオ以外はすべて深海性。もっとも大形の種類はヨロイイタチウオで、ほぼ1メートルに達する。機船底引網で漁獲され、肉質は柔らかく冬季には美味。[岡村 收・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イタチウオの関連キーワードセダカイタチウオシオイタチウオ深海動物胎生魚総鼬魚発音魚鈍甲

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android