コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトカケガイ(糸掛貝) イトカケガイ wentletrap

翻訳|wentletrap

1件 の用語解説(イトカケガイ(糸掛貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イトカケガイ【イトカケガイ(糸掛貝) wentletrap】

イトカケガイ科Epitoniidaeの巻貝の総称で,殻は多くは白色で巻きの上の肋が糸を縦にかけたようになっているのでこの名がある。日本産約100種。とくにオオイトカケガイEpitonium scalareイラスト)は大型で高さ5.5cm,太さ3.3cmもあり,白色,殻表の肋が強く板状で,巻きと巻きの間は少し離れており,ふたはまるく黒い。古書に〈清麗,天工画書し難し〉とあるように貝類中もっとも優美な種とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イトカケガイ(糸掛貝)の関連キーワード悪鬼貝糸掛貝錐貝しどろ貝袖貝捩貝筵貝掛買い逆巻貝瑠璃貝

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone