コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトカケガイ(糸掛貝) イトカケガイwentletrap

翻訳|wentletrap

世界大百科事典 第2版の解説

イトカケガイ【イトカケガイ(糸掛貝) wentletrap】

イトカケガイ科Epitoniidaeの巻貝の総称で,殻は多くは白色で巻きの上の肋が糸を縦にかけたようになっているのでこの名がある。日本産約100種。とくにオオイトカケガイEpitonium scalare(イラスト)は大型で高さ5.5cm,太さ3.3cmもあり,白色,殻表の肋が強く板状で,巻きと巻きの間は少し離れており,ふたはまるく黒い。古書に〈清麗,天工画書し難し〉とあるように貝類中もっとも優美な種とされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android