コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌハッカ catmint

翻訳|catmint

1件 の用語解説(イヌハッカの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イヌハッカ【catmint】

本州の中部地方奥羽地方の道端に生える,ややまれなシソ科の多年草イラスト)。高さ50~100cm,全体に細かい毛があって帯白緑色。茎は四稜があって多く分枝する。葉は対生して三角状の卵形,基部は心形で縁には鋸歯があり,1~3cmの葉柄がある。7~8月ごろ,枝先に穂を作って淡紫色の花を多数つける。花冠は唇形で,下側は3裂して中央の裂片は最も大きく紫色の斑点がある。ユーラシア大陸の温帯に分布し,日本には帰化植物として入ってきたと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イヌハッカの関連キーワード奥羽地方奥羽本線中部地方東北地方北陸地方色丹草西日本鞭藻東笹一葉楓

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone