イヌハッカ(英語表記)catmint

翻訳|catmint

世界大百科事典 第2版「イヌハッカ」の解説

イヌハッカ【catmint】

本州の中部地方や奥羽地方道端に生える,ややまれなシソ科多年草(イラスト)。高さ50~100cm,全体に細かい毛があって帯白緑色。は四稜があって多く分枝する。葉は対生して三角状の卵形,基部は心形で縁には鋸歯があり,1~3cmの葉柄がある。7~8月ごろ,枝先にを作って淡紫色の花を多数つける。花冠は唇形で,下側は3裂して中央の裂片は最も大きく紫色の斑点がある。ユーラシア大陸の温帯に分布し,日本には帰化植物として入ってきたと考えられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android