コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イフシード朝 イフシードちょう Ikhshīd

3件 の用語解説(イフシード朝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イフシード朝
イフシードちょう
Ikhshīd

フェルガーナ出身のトルコ人ムハンマド (在位 935~946) が建設したイスラム王朝 (935~969) 。版図はエジプトシリアパレスチナヘジャズに及ぶ。首都はフスタート。ムハンマドはアッバース朝のエジプト総督となり,カリフ,ラーディーからイフシード (支配者の意) の称号を受けて,トゥールーン朝滅亡後の混乱を収拾した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イフシードちょう【イフシード朝 Ikhshīd】

アッバース朝から半独立したエジプトのトルコ系イスラム王朝。935‐969年。初代のムハンマドMuḥammad b.Ṭughj(在位935‐946)が,アッバース朝カリフ,ラーディー(在位934‐940)から,イスラム以前の東北イランにおいて地方君主を意味したイフシードを称号として与えられたことから,この王朝の名称が起こった。ムハンマドはエジプトの政治的混乱を収拾するとともに,シリアの支配権も得て,モースルに根拠を置くハムダーン朝と対立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イフシード朝
いふしーどちょう
Ikhshdids

935年にムハンマド・ブン・トゥグジュがアッバース朝から実質的に独立して建てたエジプトの王朝。939年にムハンマドはアッバース朝からイフシードという称号を与えられた。王朝名はそれにちなんでいる。このムハンマドは中央アジア出身のトルコ人マムルークの孫で、父もアッバース朝に仕える軍人であった。ムハンマドは933年にアッバース朝によりエジプト知事に任命されたが、2年後には実質的に独立し、のちにはシリアやヒジャーズ地方をも版図に加えた。彼の没(946)後は、息子のアヌージュールとアリーが後を継いだが、実際の権力はアビシニア人宦官(かんがん)のカーフールが握った。カーフールは、北アフリカのファーティマ朝やジャジーラ(ティグリス、ユーフラテス川に囲まれたステップ地帯)、シリア北部のカルマト派やハムダーン朝の勢力からイフシード朝の領域を守り、同朝の繁栄期を築いた。きわめて高品位の金貨の発行がこの繁栄をよく示している。またこの時代には学芸が奨励され、有名な詩人ムタナッビーもカーフールをパトロンとしていた。カーフールの死(968)後アリーの子アフマッドが後を継いだが、その翌年にはジャウハルの率いるファーティマ朝遠征軍が侵入し、滅亡した。[湯川 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イフシード朝の関連キーワードトゥールーン朝エジプト鼠エジプト綿エジプトはナイルの賜古代エジプト語半独立エジプト風アブド・アッラティーフ・アルバグダーディーアフマド・ブン・トゥールーンアッバース朝革命

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone