コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イフワーン・アッサファー Ikhwān al-Ṣafā'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イフワーン・アッサファー
Ikhwān al-Ṣafā'

「清浄な仲間」の意。 10世紀後半ブワイフ朝下のバスラで結成されたシーア派宗教哲学者の秘密結社的な政治団体。知識の浄化による魂の救済を推し進める目的で,新プラトン主義やスーフィズムを折衷した内容の論文集『ラサーイル』 Rasā'ilを残した。この書はイスマーイール派などに影響を与えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イフワーン・アッサファー

アラビア語で〈純粋な兄弟たち〉〈純血兄弟団〉の意。10世紀にイラクのバスラを本拠として活動したイスマーイール派の秘密結社の称。同派の教義と新プラトン主義的ギリシア哲学の総合を図った《ラサーイル・イフワーン・アッサファー》なる大部な百科全書的論考を残し,その影響は西方世界(たとえばダンテ)にも及んでいる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

イフワーン・アッサファーの関連キーワードイフワーン・アッサファー

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android