コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・ハウカル イブン・ハウカル Ibn Hawqal

2件 の用語解説(イブン・ハウカルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・ハウカル
イブン・ハウカル
Ibn Hawqal

10世紀のイスラム教徒旅行家。上メソポタミアのニシビス生れ。 943年から旅行を始め,当時のイスラム世界全土を旅行し,973年シチリア島に落ち着いた。イスタフリーの地誌を改訂して『諸道路と諸国に関する書』 Kitāb al-Masālik wa al-Mamālikを著わし,各地の物産,それらの流通状態などを詳述した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イブン・ハウカル
いぶんはうかる
Ibn Hawqal

生没年不詳。10世紀のアラビア地理学者バグダード生まれとの説がある。943年にバグダードを旅立ち、北アフリカからイスパニアスペイン)に入り、またサハラ砂漠を越えてガーナ王国を訪ね(951)、その地方のイスラム事情を初めて伝えた。エジプトから西アジア中央アジアインドを巡り、シチリアにも行った。著書の『大地の姿』(別名、『諸道諸国志』)はアラビア地理学に長足の進歩を与えた名著で、体裁はバルヒーAb Zayd al-Balkh(850ころ―934)、イスタフリーal-Istakhr(生没年不詳)などの書に負うところが多いが、さらに豊富で観察も綿密である。ことに、ファーティマ朝の味方としてシーア派イスラムの立場をとっていることは興味が深い。[前嶋信次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イブン・ハウカルの関連キーワードイスラム哲学メソポタミア美術レコンキスタ汎イスラム主義青のメソポタミアメソポタミヤの殺人インドのイスラム教徒パキスタンとイスラム教Tājīk(イスラム教徒)イスラム教徒

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone