イブン・ハウカル(英語表記)Ibn Hawqal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・ハウカル
Ibn Hawqal

10世紀のイスラム教徒旅行家。上メソポタミアのニシビス生れ。 943年から旅行を始め,当時のイスラム世界全土を旅行し,973年シチリア島に落ち着いた。イスタフリーの地誌を改訂して『諸道路と諸国に関する書』 Kitāb al-Masālik wa al-Mamālikを著わし,各地の物産,それらの流通状態などを詳述した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イブン・ハウカル
いぶんはうかる
Ibn Hawqal

生没年不詳。10世紀のアラビアの地理学者。バグダード生まれとの説がある。943年にバグダードを旅立ち、北アフリカからイスパニア(スペイン)に入り、またサハラ砂漠を越えてガーナ王国を訪ね(951)、その地方のイスラム事情を初めて伝えた。エジプトから西アジア、中央アジア、インドを巡り、シチリアにも行った。著書の『大地の姿』(別名、『諸道諸国志』)はアラビア地理学に長足の進歩を与えた名著で、体裁はバルヒーAb Zayd al-Balkh(850ころ―934)、イスタフリーal-Istakhr(生没年不詳)などの書に負うところが多いが、さらに豊富で観察も綿密である。ことに、ファーティマ朝の味方としてシーア派イスラムの立場をとっていることは興味が深い。[前嶋信次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android