コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

始め/初め ハジメ

デジタル大辞泉の解説

はじめ【始め/初め】

はじめること。また、はじめた時期。「勤め―」「タバコの吸い―」⇔終わり
物事の起こり。起源。「国の―」
物事を行う最も早い時期。最初のころ。副詞的にも用いる。「五月の―」「何をするにも―が肝心だ」「―から終わりまで読み通す」「―君だとは気づかなかった」
順序のいちばん先。序列の第一。「―の話のほうがおもしろい」
(「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多くの中で、主となるもの。また、先に立つもの。「校長を―、教師全員」「米を―として食品の多くが」
一部始終。事の次第。
「御無心ながら乳を少し貰ひましょ、と―を語れば」〈浮・一代男・一〉
[補説]ふつう345は「初め」と書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

始め/初めの関連キーワード清瀬 保二:音なくしのびよるもの/piano solo手斧始め・手斧始思い立つ日が吉日リーダーテープさんばい降ろし手習い始めゲットする木造り始め歌御会始仕事始め殿御始め米山甚句小薩摩節オーエス水力電気御事始めパラパラトムソン佐分利流石門心学

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android