コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

始め/初め(読み)ハジメ

デジタル大辞泉の解説

はじめ【始め/初め】

はじめること。また、はじめた時期。「勤め―」「タバコの吸い―」⇔終わり
物事の起こり。起源。「国の―」
物事を行う最も早い時期。最初のころ。副詞的にも用いる。「五月の―」「何をするにも―が肝心だ」「―から終わりまで読み通す」「―君だとは気づかなかった」
順序のいちばん先。序列の第一。「―の話のほうがおもしろい」
(「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多くの中で、主となるもの。また、先に立つもの。「校長を―、教師全員」「米を―として食品の多くが」
一部始終。事の次第。
「御無心ながら乳を少し貰ひましょ、と―を語れば」〈浮・一代男・一〉
[補説]ふつう345は「初め」と書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android