コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

始め/初め ハジメ

デジタル大辞泉の解説

はじめ【始め/初め】

はじめること。また、はじめた時期。「勤め―」「タバコの吸い―」⇔終わり
物事の起こり。起源。「国の―」
物事を行う最も早い時期。最初のころ。副詞的にも用いる。「五月の―」「何をするにも―が肝心だ」「―から終わりまで読み通す」「―君だとは気づかなかった」
順序のいちばん先。序列の第一。「―の話のほうがおもしろい」
(「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多くの中で、主となるもの。また、先に立つもの。「校長を―、教師全員」「米を―として食品の多くが」
一部始終。事の次第。
「御無心ながら乳を少し貰ひましょ、と―を語れば」〈浮・一代男・一〉
[補説]ふつう345は「初め」と書く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

始め/初めの関連キーワード真魚の祝い・真魚の祝織り付け・織付けさんばい降ろしリーダーテープトーチリレー手習い始め馬乗り初め木造り始めゲットするオーエス殿御始め石門心学歌い出し初山入り一部始終手斧始め水力電気御書始め湯殿始め歌御会始

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android