イブン・アルアラビー(英語表記)Ibn al‐‘Arabī

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・アルアラビー【Ibn al‐‘Arabī】

1165‐1240
イスラム神秘思想家。南スペインのムルシアに生まれ,北アフリカ,西アジアに宗教的遍歴生活を続けたのちダマスクスで没した。その存在論的認識哲学を骨格とした宇宙論的神智学は,彼以後のイスラム世界の精神的地貌を決定したといわれるほどに後世に深い影響を与えている。彼にとって,自然現象・啓示・精神現象の諸相は,すべて超越的唯一者〈神〉の自己開示の手段としての象徴として見据えられる。これらの象徴の認識と解釈の段階的深化を通じて,諸現象の存在の相は,あたかも光源を覆うベールが取り去られるように,より真相に近い姿を現してくる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイブン・アルアラビーの言及

【イスラム哲学】より

…この点,西欧の哲学が近世になって存在論と認識論の分裂を引き起こしているのと対照的である。 イスラム哲学における存在論・認識論・神智学の統合は,イブン・アルアラビーの思想において確立される。このような哲学的営みは,シーア派の世界で保存され,とくに十二イマーム派の神学がスフラワルディーの照明哲学やイブン・アルアラビーの神智学を摂取し,単なる護教論としての神学からアカデミックな哲学へと発展を遂げていく。…

※「イブン・アルアラビー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android