コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イボタガ イボタガ Brahmaea wallichii japonica; Ligustrum moth

3件 の用語解説(イボタガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イボタガ
イボタガ
Brahmaea wallichii japonica; Ligustrum moth

鱗翅目イボタガ科。前翅長 44~55mm。触角は雌雄とも櫛状。翅は丸みを帯び,黒褐色の複雑な斑紋と縞模様があり,前翅後縁中央部には大きな眼状紋がある。成虫は年1回,春に発生する。食草はイボタノキモクセイトネリコ,ネズミモチ,ヒイラギヤナギなど。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イボタガ

鱗翅(りんし)目イボタガ科の1種。大きなガで開張100mm内外,特異な眼状紋があり,日本特産。幼虫はイボタノキ,トネリコ,モクセイなどの葉を食べ,成虫は年1回,早春に発生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イボタガ
いぼたが / 水蝋蛾
[学]Brahmaea wallichii

昆虫綱鱗翅(りんし)目イボタガ科に属するガ。インドから中国南部を経て日本に分布し、日本産はjaponicaという亜種に分類される。大形のガで、はねの開張は90ミリメートル内外。はねには無数の黒色波状線があり、前翅の翅底中央には眼状紋がある。幼虫はイボタノキ、モクセイ、トネリコ、ネズミモチなどモクセイ科の葉を食べる。若齢の間は7本の角質の長突起をもつが、終齢ではこの突起をもたない。土中で蛹化(ようか)し、翌春羽化する。成虫は年1回、春にだけ出現し灯火によく飛来する。北海道から鹿児島県屋久島(やくしま)まで分布する。イボタガ科は小さな科で、アフリカ、イタリア南部、東南アジアに20種ぐらいが知られ日本産は1種のみである。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イボタガの関連キーワード水蝋水蝋蛾水蝋の虫水蝋蝋やわらかい釦コウタケイボタガ(水蠟蛾)クダマキモドキシャクガ(尺蛾)ヒゲナガガ(髭長蛾)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone