コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イランド eland

翻訳|eland

百科事典マイペディアの解説

イランド

エランド,オオカモシカウシカモシカとも。偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の哺乳(ほにゅう)類。肩高雄1.35〜1.8m,1.25〜1.5m,角長雄60〜102cm,雌60〜140cm。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イランド【eland】

体の大きさ,姿とも,ウシに似る大型のアンテロープ(イラスト)。エランドともいう。偶蹄目ウシ科の哺乳類アフリカ中部と南部のステップや灌木地帯に生息する。角は雌雄共にあり,長大で,根もとから半ばまでらせん状にねじれる。体長1.8~3.4m,尾長30~60cm,肩高1.0~1.8m,体色は灰色で,背側に白色の縦縞が走る。数頭から200頭余りからなる群れで生活する。日中は日陰で休息し,朝と夕刻に開けた場所で葉,漿果などを食べる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

イランド【eland】

ウシ科の哺乳類。肩高1.7メートル 内外。雄雌とも角をもち、雄の角は1メートルを超える。アフリカの東部・南部に分布。エランド。オオカモシカ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イランド
いらんど
eland
[学]Taurotragus oryx

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。エランド、オオカモシカともいわれる。アフリカの東部から南部に分布し、開けた平原やまばらな低木林にすむ。肩高1.7~1.78メートル、体重590~680キログラム。角(つの)は2回ほどねじれるがまっすぐで、雌雄にあり、雄の角は長さ74センチメートル、ときに110.5センチメートルに達するが、雌のは小さい。体は黄褐色ないし赤褐色で、胴に白色の横縞(よこじま)がある。普通25~70頭、まれに200頭に達する群れで生活し、なかに1、2頭の成熟した雄がいる。木の葉が主食で、角を使って低木の枝をかき分け、好みの葉などをとる。ほかに野生メロンなどの果実、地下茎なども食べる。水への依存度が高く、夜または早朝に水場を訪れ、乾期には移動がみられる。体重のわりに身軽で、高さ2.4メートルを跳ぶことが知られている。妊娠期間255~270日で、8月ごろ1産1子を産む。性質が温和でよくなれ、家畜化が試みられている。近似種にアンテロープ類のなかで最大のジャイアントイランドT. derbianus(肩高1.75メートル、体重450~900キログラム)があり、アフリカの西部と中部にかけて分布する。普通15~25頭の群れで水場付近で生活するなど、習性はイランドに似る。[今泉忠明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイランドの言及

【レイヨウ(羚羊)】より

…【今泉 忠明】。。…

【レイヨウ(羚羊)】より

…ウシ科の動物のうちスイギュウ,ヤギュウ,カモシカ,ヤギ,ヒツジの各類を除いたものの総称といえる。 体の大きさは変化に富み,最大はクロクビイランド(ジャイアントイランド)Tragelaphus (Taurotragus) derbianus(イラスト)で,体長3.45m,尾長90cm,肩高1.8m,体重1000kg,角長1.2mに達するが,最小のローヤルアンテロープ(イラスト)では体長40~50cm,尾長5~8cm,体重3~4kg,角長2.5cmにすぎない。多くのものは草原,砂漠,ときに森林にすみ,体つきは走行に適して胴と四肢が細く,あごが長く,頭を高く保っている。…

※「イランド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イランドの関連キーワード鹿児島県奄美市住用町山間スリー・マイル島原発事故ニオコロ山梨県富士吉田市新西原デービッド プランタビハラムロ動物保護区スコットランド高地カメロンハイランドワールド記念ホールコンクリートの島ポートピア'81マウントハーゲンレイヨウ(羚羊)ベン・ネヴィスタリバーディン生駒山上遊園地ツァボ国立公園ブルックリンクンディアワカイナントゥ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android