コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イラン核問題 いらんかくもんだい

2件 の用語解説(イラン核問題の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

イラン核問題

2002年にイランの反体制組織や米国が相次いで秘密の核施設を指摘、パキスタンカーン博士による「核の闇市場」から技術提供を受けたことも判明し、イランの核兵器開発疑惑が一挙に強まった。 中東の大産油国ながら将来の資源枯渇対策のため原子力発電が必要だと主張するイランは、核の番人国際原子力機関(IAEA)に核計画を申告し直し、核兵器開発を否定。米国との仲裁に入った英独仏との交渉で03年にウラン濃縮活動の一時停止に合意したが、05年6月の大統領選で保守強硬派のアフマディネジャド氏が当選。中部ナタンズの施設でウラン濃縮を再開し、06年4月には低濃縮ウラン製造に成功、07年4月には産業規模の生産能力を持ったと宣言した。 核不拡散条約(NPT)加盟国として平和利用の権利を主張するイランに対する国際社会の不信は根強く、IAEAは問題を国連安全保障理事会に付託、安保理は06年12月、07年3月と2度の経済制裁を決議した。一方で、事実上の核保有国イスラエルを放置し、米国ほか核保有国の核軍縮も進まないなかで、イランの核問題はNPT体制の矛盾を露呈させた。米国は英独仏とともに3度目の制裁決議に向けた議論を進めるが、南部ブシェールで原発建設に協力するロシア、原油輸入でイランへの依存を強める中国の2大国が制裁強化に消極的だ。さらに07年12月に米国は「イランは03年から核兵器開発を停止しているとみられる」とする機密報告書を公表、イランの核の脅威を唱える米国の主張が大幅に後退した内容といえ、決着の行方はより不透明となっている。

(安東建 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

イラン核問題

イランは核不拡散条約(NPT)に加盟しているが、2002年に反体制派が核施設の建設が秘密裏に進んでいると暴露。核開発疑惑が表面化した。03年、現大統領のロハニ師が欧州各国と交渉し、ウラン濃縮の一時停止を受け入れたが、その後、強硬派のアフマディネジャド政権(当時)が核開発を加速。国連安全保障理事会の制裁決議を招いた。

(2013-10-17 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イラン核問題の関連キーワード内部牽制組織イランイラン落ち零れ新体制宣戦反体制ムジャヒディンハルク官僚制組織SCIRIイランの核開発問題

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イラン核問題の関連情報