コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イリエワニ Crocodylus porosus; estuarine crocodile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イリエワニ
Crocodylus porosus; estuarine crocodile

ワニ目クロコダイル科。全長 7m。体色は暗緑黄色で,暗色の斑紋がある。ワニのなかでは最も獰猛な種類の一つで,人食いワニとしても知られる。卵生で,雌は川岸の堤などに土まんじゅう形の巣をつくり,40~80個産卵する。アジア大陸南部,フィリピンニューギニア,オーストラリア北部などに分布し,淡水,汽水,海水のいずれにもすむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イリエワニ

クロコダイル科でワニでもっとも危険な種類といわれる。全長は平均4m,最大6mくらい。インド東部〜フィリピン,ニューギニア,オーストラリア北部,フィジー諸島に分布。
→関連項目クロコダイル

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イリエワニ【estuarine crocodile】

クロコダイル科のワニでもっとも危険な種類といわれる(イラスト)。インド洋のラカディーブ諸島から東南アジア一帯,フィリピン,オーストラリア北部,フィジー諸島に及ぶ広域に分布する。全長は平均3.5~4.5m,最大が7.5mくらい。(ふん)部は比較的細長く長さはその基部の幅の1.7~2.1倍ほどで,眼の前から吻端にかけて2条の隆起が走る。後頭鱗板を欠き頸鱗板は4枚。体背面や四肢には黒斑が点在する。潮線までの河口や入江汽水域にすみ,海にも泳ぎ出る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イリエワニ
いりえわに
estuarine crocodile
[学]Crocodylus porosus

爬虫(はちゅう)綱ワニ目クロコダイル科のワニ。危険な種類とされる。インド、東南アジア、フィリピン、オセアニア、フィジー諸島に広く分布し、オセアニア、フィリピン産を別亜種のインドシナイリエワニC. p. biporcatusに分けることもある。全長3~7メートル、吻部(ふんぶ)は細長く、多くは後頭鱗板(りんばん)を欠く。河口の汽水や海岸にすみ、スリランカとニューギニアでは淡水にもすむ。水かきは、前肢では指の基部、後肢では外側の足指の先端まで発達して遊泳力に優れ、海に泳ぎ出て遠隔の島に達することもある。性質が荒く、大形動物のほか家畜や人を襲うため恐れられている。とくに夜間に入り江で漁をする人たちが襲われ、水中に引き込まれるという。[松井孝爾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイリエワニの言及

【クロコダイル】より

ワニ【松井 孝爾】。。…

【クロコダイル】より

…クロコダイル属Crocodylusは10種を含むワニ類中最大のグループで,大型種はすべて本属に入る。すなわち,全長の最大が7mに達するものに,熱帯アジアからオーストラリア北部に分布するイリエワニC.porosus(イラスト),熱帯アメリカに分布するアメリカワニC.acutus,オリノコワニC.intermediusおよびアフリカ・マダガスカル産のナイルワニC.niloticus(イラスト)があり,次いでヌマワニC.palustrisの5mで,他は3m前後である。これら大型種の中でもとくに人に危険な種はイリエワニとナイルワニくらいで,後者も地方によっては安全とされる。…

※「イリエワニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イリエワニの関連キーワードウジュンクーロン国立公園スンダルバンス国立公園カカドゥ国立公園シュンドルボン海鰐

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イリエワニの関連情報