コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イリゴージェン

3件 の用語解説(イリゴージェンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イリゴージェン

アルゼンチンの政治家,大統領(在職1916年−1922年,1928年−1930年)。ブエノス・アイレス市生れ。ブエノス・アイレス州議会下院議員を皮切りに政界に進出,1891年急進党(正式名は急進的市民連合)を結成,地主層を支持基盤とする保守的支配層に対して政治の刷新を求め,民主的選挙を実現させ,1916年最初の大統領選挙で当選。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イリゴージェン【Hipólito Yrigoyen】

1852‐1933
アルゼンチンの政治家。大統領(1916‐22,28‐30)。バスク系移民の子としてブエノス・アイレス市に生まれる。母の実弟に当たるアレムLeandro Alemの手引きで政界に身を投じ,1878年ブエノス・アイレス州議会の下院議員に当選。政治の刷新を求めた90年の革命に参加したのち,翌年アレムらとともに急進党(正式名は急進的市民連合)を結成した。93年同党が組織した全国的武装蜂起の際はブエノス・アイレス州の運動を指導し,一時州都ラ・プラタ市を制圧したが,連邦軍により鎮圧された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イリゴージェン
いりごーじぇん
Hiplito Yrigoyen
(1852―1933)

アルゼンチンの政治家、大統領(在任1916~22、1928~30)。バスク系移民の長男としてブエノス・アイレス市に生まれ、教員生活を経て政治の世界に身を投じた。1891年急進党の結成に参加し96年以来党の最高指導者の地位にあった。行政府の干渉を排した選挙制度の実現を求めて執拗(しつよう)な闘争を続け、1912年選挙法の改正を実現させた。16年大統領に選出され、年金制度の拡充や大学改革、国家石油公社(YPF)の設立など、民主的、民族主義的施策で大衆の支持を得た。憲法の連続再選禁止の規定に従って22年大統領職を辞し、28年再選されたが世界恐慌に伴う経済・社会危機を収拾しえず、30年9月6日、軍のクーデターにあって失脚した。[松下 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイリゴージェンの言及

【アルゼンチン】より

…1891年にはこうした主張を掲げた急進市民同盟(急進党)が産声をあげ,93年と1905年の2度に及んだその武装蜂起は保守支配層を震撼させた。このため,保守派も譲歩して12年には民主的な選挙法(ロケ・サエンス・ペーニャ法)が制定され,同法の下で実施された16年の最初の大統領選では急進党のイリゴージェンが勝利を収めた。イリゴージェンは22年に国家石油公社(YPF)を設立して経済的民族主義の方向を打ち出したほか,労働者のための年金制度の拡充や大学制度の改革を行ったが,28年発足した彼の第2期政権は世界恐慌によって引き起こされた経済混乱に敏速に対応できず,30年9月6日ウリブルJ.F.Uriburu将軍のクーデタにより崩壊した。…

※「イリゴージェン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イリゴージェンの関連キーワードピルゼンフォークランド戦争フォークランド紛争亜爾然丁アルゼンチンタンゴピアソラミロンガプエルトイグアスドゴ・アルヘンティーノ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone