コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワオヌプリ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワオヌプリ

北海道西部,活火山ニセコ火山群に属する溶岩円頂丘鐘状火山)。別称硫黄山。標高 1116m。倶知安町蘭越町の境に位置する。頂部は東の大イワオヌプリ,西の小イワオヌプリの二つの円頂丘に分かれ,大イワオヌプリの頂部と南麓には爆裂火口がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のイワオヌプリの言及

【ニセコアンヌプリ】より

…第四紀更新世の中期から末期にかけて形成された基底直径15kmに及ぶニセコ火山群の主峰。西方には2峰の溶岩円頂丘からなるイワオヌプリ(硫黄山。1118m)やニトヌプリ(1083m),チセヌプリ(1135m)の円頂丘が連なる。…

※「イワオヌプリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イワオヌプリの関連キーワードニセコ積丹小樽海岸国定公園ニセコアンヌプリチセヌプリ蘭越(町)ニセコ連峰

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android