コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワン雷帝

3件 の用語解説(イワン雷帝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

イワン雷帝

1944年製作のソ連映画ロシア史上初めて“ツァー(皇帝)”を称したイワン4世の半生を描く。セルゲイ・M・エイゼンシュテイン監督の遺作。出演:ニコライ・チェルカーソフほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イワンらいてい【イワン雷帝 Ivan groznyi】

ソビエト映画。S.M.エイゼンシテイン監督の最後の作品。16世紀に初めてロシアを統一した皇帝イワン4世の生涯と時代を描く三部作として構想されたが,1944年に第1部,46年に第2部の2作のみ完成。7歳で帝位に就いたイワンが,やがて〈雷帝〉と呼ばれる専制君主となるまでを描き,〈偉大なるロシア国家達成のために!〉という雷帝の叫びとともに終わる第1部は絶賛を浴び,スターリン賞を受賞。しかし,権力者の孤独,専制政治の悲劇を描いた第2部は,全ソ共産党中央委員会から,〈歴史的事実の描写における無知をさらけ出した〉ものであり,〈進歩的な軍隊であるイワン雷帝親衛隊を,アメリカのクー・クラックス・クランのような変質者の徒党として取り扱い,強い意志と性格をもったイワン雷帝を,まるでハムレットに似通った弱い性格と意志のない人間として描き出した〉と批判され,改作を余儀なくされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワン雷帝
いわんらいてい
ИВАН ГРОЗНЫЙ Ivan Grznyi

セルゲイ・エイゼンシュテイン監督のソ連映画。第1部(1945)と第2部(1946)に分かれる第二次世界大戦中、国民の士気高揚のためスターリンの強い希望で注文された国策映画。原作はアレクセイ・コンスタノヴィチ・トルストイのイワン雷帝の伝記小説。この小説にスターリンは心酔しており、本の裏表紙に「我が師」と記し、また、本文中のいたるところに傍線を引き、赤字で「そのとおり」と書き込むなどして、イワンに自己を投影していた。映画中のイワン雷帝はスターリンその人とみるのが一般的である。第1部では、イワン雷帝は民衆を味方につけて外敵を打ち破り、大貴族の離反や王妃毒殺という陰謀にもくじけず、皇帝の命令のみに従う親衛隊を結成し、賢知と雄々しさをみせつける。第1部はスターリンを満足させ「スターリン賞」を受賞。
 第2部では、親衛隊を率いて大貴族と宗教勢力を次々と粛清し、雷帝を名のって恐怖政治を敷くも、おのれの行為の当否に懊悩(おうのう)し、決断力のない弱々しさをみせる。しかし、ついには、王妃毒殺の実行者で反対勢力の代表である伯母エフロシニアのイワン暗殺計画を逆手にとり、刺客に彼女の子の無垢(むく)のウラジーミルを間違い殺人させてしまう。陰惨かつ異様な様式が際だつ宮廷陰謀劇である。第2部はイワンをハムレットのように優柔不断に、また、親衛隊を変質者の集団のように描いたとして、スターリンの不興を買い、公開禁止となった。第2部はフィルムの行方がわからなかったが、エイゼンシュテイン没後10年経った1958年に奇跡的に発見され、初公開となった。『戦艦ポチョムキン』に次ぐ監督の第2の頂点として評価される一方、スターリニズムへの翼賛ないしは和解作、という批判も少なくない。[田中 陽]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイワン雷帝の言及

【イワン[4世]】より

…在位1533‐84年。ロシア史上最も強力かつ個性的な君主の一人で,イワン雷帝と呼ばれる。多くの歴史家や芸術家(A.K.トルストイ,レーピン,エイゼンシテイン)にとりあげられているが,1626年のモスクワ大火で記録の大半が焼失しているため,その生涯や人柄,政治的役割には不明の個所が多い。…

【エイゼンシテイン】より

… 37年,ツルゲーネフの小説をもとにつくられた農村映画《ベージン草原》は,映画局長ボリス・シュミヤツキーによって《プラウダ》紙上で攻撃されて未公開に終わり,エイゼンシテインは自己批判を強いられるが,シュミヤツキーの解任後,ナチス・ドイツの脅威に対して士気を高揚するためにつくられた歴史映画《アレクサンドル・ネフスキー》(1938)は,エイゼンシテインに対する批判・非難をはらいのけてレーニン勲章を授与される。40年にソ連最大の撮影所モスフィルムの芸術部門の指導者に任命され,《イワン雷帝》第1部(1944)を完成するが,間接的なスターリン批判になっているとされ上映を禁止された第2部(1946)の改作中,50歳の誕生日を迎えてまもなく心臓発作で死亡。第2部は彼の死後10年たった58年にやっと公開された。…

※「イワン雷帝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イワン雷帝の関連キーワードエイゼンシュテイン戦艦ポチョムキンプドフキンソビエトロシアソビエト国立交響楽団ソビエト連邦憲法ソビエト映画ラテン・アメリカ映画ソビエト演劇ソビエト美術

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イワン雷帝の関連情報