コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インディアス古文書館(読み)インディアスこもんじょかん(英語表記)Archivo de Indias

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インディアス古文書館
インディアスこもんじょかん
Archivo de Indias

スペイン南部,アンダルシア自治州セビリアにあるスペイン帝国と植民地に関する古文書館セビリア大聖堂に隣接する。建物は 1599年,商務館「カサ・ロンハ」として,J.B.デ・エレラによって建築された。大航海時代の富と栄光のシンボルであったその商務館を,1785年カルロス3世が新大陸に関する古文書館として開設。歴史的に貴重な外交文書のほか,書籍,地図,さらにはコロンブスマゼランコルテスらの直筆文書など,かつてのスペインと植民地の関係を知るうえで貴重な史料が数多く所蔵されている。 1987年セビリアのアルカサル,セビリア大聖堂とともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

インディアス‐こもんじょかん〔‐コモンジヨクワン〕【インディアス古文書館】

Archivo General de Indias》スペイン南西部、アンダルシア州の都市セビリアにある公文書館。コンキスタドーレスによる中南米の植民地支配やフィリピン統治に関する文書資料を所蔵。もとは16世紀に商品取引所として建造されたスペインルネサンス様式の建物で、エル‐エスコリアル修道院を設計したファン=デ=エレラが手掛けた。1987年、「セビリアの大聖堂、アルカサルとインディアス古文書館」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android