コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インディー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インディー
いんでぃー
indie

インディーズとも呼ばれる。小規模な自主制作レコード・レーベル、あるいは独立系レコード会社(independent labels)の通称。国際的な複合企業である五つのレコード会社組織、ソニー(日本)、BMG(ドイツ)、ワーナー(アメリカ)、ユニバーサル(カナダ)、EMI(イギリス)を五大メジャーと呼び、それらの傘下にないレコード会社やレーベルをインディーと呼ぶ。転じてそのような小規模レコード・レーベルからリリースされるポップ・ミュージックを指す用語としても用いられる。五大メジャーとの対比で、マイナー(・レーベル)と呼ばれることも多い。レーベルとはレコードに貼られるラベル名から転じた語で、レコード会社やその一部門の商号を意味する。
 特にイギリスの1980年代、パンク以降のポップ音楽界では、4ADやファクトリー、クリエイション、ラフ・トレードといったインディー・レーベルが活況を呈し、スミスやストーン・ローゼスといった人気ロック・グループを数多く輩出した。これらのロック・グループの多くが、バーズやベルベット・アンダーグラウンドといった60年代のロック・グループに影響された、ギター・サウンドを主軸とした様式を持っており、これらの音楽様式を指してインディー・ロックと呼ぶこともある。これらのレーベルの多くが90年代には五大メジャーの傘下に入ってしまうこととなったが、依然インディー・ロックというジャンル名は誤解と論争をはらみつつ存続している。そのような音楽様式は、アメリカではオルタナティブ・ロックと呼ばれるのが一般的である。
 インディー・レーベルは、レコード会社の主要機能のうち、制作と宣伝は自社で行うが、営業(販売)を他社に委託するケースが多い。そのため今日の大規模なインディー・レーベルは、メジャー・レーベルと流通面では遜色ない存在となっている。一方で、メジャー・レーベルが手を出しにくい実験的・先端的な音楽や、少数だが熱狂的な聴衆を持つ音楽を制作する小規模なインディー・レーベルも数多く存在し、音楽産業の活性化の一端を担っている。
 日本国内では、日本レコード協会に加盟していない小規模レコード会社やそこからリリースされる音楽をインディーズと称するのが通例である。ゆえにエイベックス・トラックスやトイズ・ファクトリーといった、日本レコード協会に属しながら五大メジャーとは資本関係を持たないレコード会社は、国際的な基準ではインディー(あるいはマイナー・レーベル)であるが、日本国内ではメジャー・レーベルとして扱われるのが普通である。[増田 聡]
『サイモン・フリス著、細川周平・竹田賢一訳『サウンドの力――若者・余暇・ロックの政治学』(1991・晶文社) ▽ロジャー・ウォリス、クリステル・マルム著、岩村沢也・大西貢司・保坂幸正・石川洋明・由谷裕哉訳『小さな人々の大きな音楽――小国の音楽文化と音楽産業』(1996・現代企画室) ▽岸本裕一・生明俊雄著『J-POPマーケティング――IT時代の音楽産業』(2001・中央経済社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

インディーの関連キーワードSEKAI NO OWARIエリオ カストロネヴェスアレック オンスワースマリオ アンドレッティダリオ フランキッティONE OK ROCKマルコ アンドレッティジョージ ルーカスポール トレーシーハンナ ブライリーインディーズバンドインディペンデントブルック ホーガンダン ウェルドンロス カウフマンカレッジ・ラジオおんなのこ物語とちおとめ25カトウトモタカインディーズ

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インディーの関連情報