コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インベストメント鋳造法 インベストメントちゅうぞうほう investment casting process

2件 の用語解説(インベストメント鋳造法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インベストメント鋳造法
インベストメントちゅうぞうほう
investment casting process

形状複雑でしかも高精度寸法を要求される鋳物の製作法であり,精密鋳造法の一種。ロストワックス法や日本古来の真土 (まね) 型法,ろう型法と同じ原理であるが,インベストメント (被覆) の方法が改良されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

インベストメント鋳造法【インベストメントちゅうぞうほう】

金型を使用しない鋳物の一つ。ロストワックス法とも。蝋,合成樹脂などの可溶物を模型とし,泥状の耐火物に埋め,加熱して模型を流出させた後,高温で焼成,得られた高温鋳型に溶融金属を鋳込む精密鋳造法。
→関連項目精密鋳造法蝋型鋳造

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

インベストメント鋳造法の関連キーワード研削工業計器考案コンパレーター精密機械何しかも複雑怪奇ラッピングかもしか荘取引上要求される注意

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone