コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インベストメント鋳造法 インベストメントちゅうぞうほうinvestment casting process

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インベストメント鋳造法
インベストメントちゅうぞうほう
investment casting process

形状複雑でしかも高精度寸法を要求される鋳物の製作法であり,精密鋳造法の一種。ロストワックス法や日本古来の真土 (まね) 型法,ろう型法と同じ原理であるが,インベストメント (被覆) の方法が改良されている。まず目的物と同型の主模型を金属でつくり,その外側に易融合金など寸法の狂いの少い低融点合金を鋳込んでつくった外型の中にワックスを圧入すれば目的物と同形のワックス模型が得られる。これをシリカ,ジルコン,アルミナなどの微粉耐火材と水ガラス,エチルシリケートなどの粘結剤とを混合した泥漿に浸して引上げ,さらに粗粒の耐火物粉を吹きつける。これがインベストメント作業である。これを鋳枠に入れて周辺に耐火材と粘結剤の混合物を詰め,乾燥後低温加熱でワックスを溶かして流し出し,さらに 900~1000℃に加熱して残留ワックスを蒸散させると同時に型を焼成する。これを鋳型として重力鋳造または遠心鋳造などで溶融金属を鋳込む。鋳物は肌が美しく精度のよいことが特徴で,ほとんどあらゆる金属材料に適用できる。同じ系統の鋳造法に,ワックスの代りに水銀を使うマーキャスト法,ワックスの融解にトリクロロエチレンを使うXプロセス,インベストメントにシリカを主剤として使うグラスキャスト法,同じくエチルシリケート混剤を使うショープロセスなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

インベストメント鋳造法【インベストメントちゅうぞうほう】

金型を使用しない鋳物の一つ。ロストワックス法とも。蝋,合成樹脂などの可溶物を模型とし,泥状の耐火物に埋め,加熱して模型を流出させた後,高温で焼成,得られた高温鋳型に溶融金属を鋳込む精密鋳造法。
→関連項目精密鋳造法蝋型鋳造

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

インベストメント鋳造法の関連キーワードシェルモールド法金型

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android