インベンション(英語表記)invention

翻訳|invention

世界大百科事典 第2版の解説

インベンション【Invention[ドイツ]】

〈創意〉を意味するラテン語に由来することばで,音楽用語としては,記譜法,作曲などに創意をこらした作品のこと。バッハのクラビア曲集(1720‐23)の題名として知られる。この曲集は2声部曲と3声部曲をそれぞれ15曲ずつふくみ,正確には3声部曲の部分は《シンフォニア》と題されている。バッハが息子の音楽教育のために書いたものだが,今日でも対位法の良い教材となっている。【東川 清一

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

インベンション【invention】

発明。
着想を重んじて作られた多声技法による楽曲。 J = S =バッハのクラビア曲全三〇曲が有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

インベンション

〘名〙 (invention)
① 思いつき。発明。工夫。〔外来語辞典(1914)〕
② クラビーアのための小即興曲風楽曲の一形式。特に、J=S=バッハの「二声のインベンション」をさすことが多い。〔洋楽手引(1910)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インベンションの関連情報