斎藤秀三郎(読み)サイトウヒデサブロウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤秀三郎 さいとう-ひでさぶろう

1866-1929 明治-昭和時代前期の英語学者。
慶応2年1月2日生まれ。工部大学校にはいり,英語教師ディクソンの影響をうけた。一高教授などをへて,明治29年東京神田に正則(せいそく)英語学校(現正則学園高)を創設し,校長となる。「実用英文典」「熟語本位英和中辞典」などおおくの編著がある。昭和4年11月9日死去。64歳。陸奥(むつ)仙台出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

斎藤秀三郎

没年:昭和4.11.9(1929)
生年:慶応2.1.2(1866.2.16)
明治大正時代の英語教育者。仙台生まれ。仙台藩士で運上方の斎藤永頼の長男。父の手ほどきで英語を学び,宮城英語学校を経て明治14(1881)年工部大学校に入学。在学中に英語教師のJ.M.ディクソンから強い感化を受けた。その後,岐阜,長崎,東京の一高などで英語を教えたが,明治29年正則英語学校設立以後,精力的に英語の文法書,読本の註解書,和英・英和辞書の編纂に従事した。その作文練習問題や和英辞典の用例には自伝的要素が濃厚。多磨墓地に墓がある。妹は明治女学校生だった斎藤ふゆ,次男は音楽家の斎藤秀雄,次女の婿は無教会伝道者の塚本虎二。<著作>『熟語本位英和中辞典』<参考文献>大村喜吉『斎藤秀三郎伝』

(加納孝代)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

さいとうひでさぶろう【斎藤秀三郎】

1866~1929) 英語学者。仙台の人。工部大学校中退。一高教授。1896年(明治29)東京神田に正則英語学校を創立。辞書・教科書の編纂に携わり、英語教育に貢献。主著「熟語本位英和中辞典」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斎藤秀三郎
さいとうひでさぶろう
(1866―1929)

英語学者。宮城県に生まれる。宮城英語学校を経て工部大学校(現、東京大学工学部)中退。1887年(明治20)二高助教授。岐阜、長崎、名古屋中学校で教え、1894年一高教授。1896年神田に正則(せいそく)英語学校を創設、校長となり、English Idiomology(英語慣用語学)を追究した。その『実用英文典』は現行の学校英文法の基盤となり、『熟語本位英和中辞典』が英語学界に与えた利益は計り知れない。著書は二百数点の多きに上る。[大村喜吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さいとう‐ひでさぶろう【斎藤秀三郎】

英語学者。仙台出身。宮城英語学校卒業後、上京して工部大学校に入学、造船学を専攻したが中退。同校でイギリス人ディクソンについて英語、英文学を学ぶ。明治二九年(一八九六)東京神田錦町に正則英語学校を創立。同三七年東京大学文科大学講師。主著「斎藤和英大辞典」。慶応二~昭和四年(一八六六‐一九二九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斎藤秀三郎の関連情報