コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斎藤秀三郎 サイトウヒデサブロウ

5件 の用語解説(斎藤秀三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さいとう‐ひでさぶろう〔‐ひでサブラウ〕【斎藤秀三郎】

[1866~1929]英語学者。宮城の生まれ。正則英語学校を創立し、日本の英語学の発展に尽くした。著「熟語本位英和中辞典」「斎藤和英大辞典」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

斎藤秀三郎 さいとう-ひでさぶろう

1866-1929 明治-昭和時代前期の英語学者。
慶応2年1月2日生まれ。工部大学校にはいり,英語教師ディクソンの影響をうけた。一高教授などをへて,明治29年東京神田に正則(せいそく)英語学校(現正則学園高)を創設し,校長となる。「実用英文典」「熟語本位英和中辞典」などおおくの編著がある。昭和4年11月9日死去。64歳。陸奥(むつ)仙台出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

斎藤秀三郎

没年:昭和4.11.9(1929)
生年:慶応2.1.2(1866.2.16)
明治大正時代英語教育者。仙台生まれ。仙台藩士で運上方の斎藤永頼の長男。父の手ほどきで英語を学び,宮城英語学校を経て明治14(1881)年工部大学校に入学。在学中に英語教師のJ.M.ディクソンから強い感化を受けた。その後,岐阜,長崎,東京の一高などで英語を教えたが,明治29年正則英語学校設立以後,精力的に英語の文法書,読本の註解書,和英・英和辞書の編纂に従事した。その作文練習問題や和英辞典の用例には自伝的要素が濃厚。多磨墓地に墓がある。妹は明治女学校生だった斎藤ふゆ,次男は音楽家斎藤秀雄,次女の婿は無教会伝道者の塚本虎二。<著作>『熟語本位英和中辞典』<参考文献>大村喜吉『斎藤秀三郎伝』

(加納孝代)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さいとうひでさぶろう【斎藤秀三郎】

1866~1929) 英語学者。仙台の人。工部大学校中退。一高教授。1896年(明治29)東京神田に正則英語学校を創立。辞書・教科書の編纂に携わり、英語教育に貢献。主著「熟語本位英和中辞典」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

斎藤秀三郎
さいとうひでさぶろう
(1866―1929)

英語学者。宮城県に生まれる。宮城英語学校を経て工部大学校中退。1887年(明治20)二高助教授。岐阜、長崎、名古屋中学校で教え、94年一高教授。96年神田に正則(せいそく)英語学校を創設、校長となり、English Idiomology(英語慣用語学)を追究した。その『実用英文典』は現行の学校英文法の基盤となり、『熟語本位英和中辞典』が英語学界に与えた利益は計り知れない。著書は二百数点の多きに上る。[大村喜吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

斎藤秀三郎の関連キーワードブライス神田乃武外国の英語教育磯辺弥一郎大津康加藤利吉祇園寺きく畔柳都太郎長谷理和和田義郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

斎藤秀三郎の関連情報