コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルクス・ランド ウィルクスランド

百科事典マイペディアの解説

ウィルクス・ランド

南極大陸の一部。インド洋に面し,およそ東経102°〜140°20′の間の地域。米国のC.ウィルクス〔1798-1877〕が1838年―1842年の南太平洋探検で発見。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィルクス・ランド
うぃるくすらんど
Wilkes Land

南極大陸中の大きな陸地で、東経100~142度に及ぶ。1838~42年に、アメリカのチャールズ・ウィルクスは南太平洋から南極の探検を行い、南極が大陸であることを証明した。命名は彼の名にちなむ。海岸はほぼ南緯66.5度に沿っている。西のバンガー・オアシスにポーランドの夏基地、東経110度にオーストラリアのケーシー基地、東経140度にフランスの基地がある。[楠 宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウィルクス・ランドの関連キーワードアデリー・ランドジョージ5世海岸

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android