ウェイト(読み)うぇいと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ウェイト

高速なデバイスが低速のデバイスと処理のタイミングを合わせるために必要となる待ち時間のこと。たとえば、CPUと周辺機器との間など、双方の処理速度に格差がある環境下でのデータ転送では、ウェイトが必要になる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ウェイト

イギリスのロック・バンド、ビートルズの曲。6枚目のアルバム「ラバー・ソウル」(1965年)に収録。レノンマッカートニーの共作で、リードボーカルジョンポールが分け合っている。もともと「ヘルプ!(4人はアイドル)」に収録する予定で録音したものだが選曲から外れ、「ラバー・ソウル」で1曲必要になったため、掘り起こされた。原題《Wait》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウェイト【weight】

重み,加重ともいう。n個の数値x1,x2,……,xnがあって,それぞれの軽重の度合が違うとき,それらの平均値を算出するには,単純な相加平均でなく,適当な重みw1,w2,……,wnをつけた加重平均m=(w1x1w2x2+……+wnxn)/(w1w2+……+wn)を考える必要がある。例えば物価指数を求める場合や,各xiが代表する集団の大きさが違うときの平均値を求める場合など,事情に応じてウェイトwiを決めることができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウェイトの言及

【重量】より

…物体に作用する重力の大きさ。重さともいう。てんびんとかばねばかりで標準物体の重さと比較して求める。空気の抵抗がなければ,地上の同一地点ではすべての物体が同じ加速度g(重力加速度)で落ちることから,重力の大きさは物体の質量をmとするとmgで与えられることがわかっている。gの値は地上ではほぼ一定で約9.8m・s-2に等しいので,質量1kgの物体の重量は約9.8ニュートン(N)である。多くの場合,重量を表すのにNの代りに重量キログラム(キログラム重ともいい,記号kgfまたはkgw)を使う。…

【分銅】より

…計量器の検査,質量の測定,力などの標準に用い,国際キログラム原器が現示する質量(1kg)に対応する質量がその表面に表記してあるものをいう。使用の便利から特殊なものを除きkgの1,2,5の10n倍(nは整数。nにより表1の補助計量単位を用いる)で,任意の質量が作れる組合せ分銅を組分銅という。分銅は計量法に基づき検査され,基準器検査に合格した基準分銅(精度に応じ1級から3級まであり(1)~(11)の表記がある)には有効期限付きの検査成績書と基準器検査証印が,検定に合格した分銅(1級と2級とがあり(1),(2)の表記がある)には検定証印がつけられ,法定の器差の限界(公差。…

※「ウェイト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウェイトの関連情報