コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォッシュバーン Carleton Wolsey Washburne

2件 の用語解説(ウォッシュバーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウォッシュバーン【Carleton Wolsey Washburne】

1889‐1968
ウィネトカプランWinnetka Plan〉を創始したアメリカ進歩主義教育家。シカゴで生まれ,少年時代進歩主義教育で育つ。スタンフォード大学卒業後,ロサンゼルス郡で教師として個別学習を実践,さらにサンフランシスコの州立教育大学の学長バークF.L.Burkの下で個別的教育法を研究,訓練した。1919年シカゴ郊外ウィネトカの教育長となり24年間在職,その公立学校で生徒の学習の個別化と社会的創造的集団活動を基調とする新教育を実施した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウォッシュバーン
うぉっしゅばーん
Carlton Wolsey Washburne
(1889―1968)

アメリカの教育改革家。シカゴ大学、スタンフォード大学で学び、サンフランシスコ州立師範学校教師(1914)、ウィネトカ市視学(1919~1945)となり、市の小・中学校でウィネトカ・プランWinnetka Planとよばれる教育法を指導した。これは、カリキュラムを、最小限の基本教科common essentialsに関するものと、集団・創作活動に関するもの、つまり芸術鑑賞、運動、集会、プロジェクト(構案)などの活動とをもって構成し、それらを、定められた標準standardに向かって自学自習方式で学習させるという特色をもっていた。1935年、東京での汎(はん)太平洋教育会議では、彼自身が出席してこのプランを紹介した。第二次世界大戦後イタリアのミラノ総領事、ブルックリン大学教授(1950)となった。著書に『ウィネトカ公立学校』A Survey of the Winnetka Public Schools(共著・1925)、『子供にあわせた学校』Adjusting the School to the Child(1932)、『生きた教育哲学』A Living Philosophy of Education(1940)などがある。[村井 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウォッシュバーンの関連キーワードグウィネズマルティネプランねとねと骨と皮トーマスWウィルソンプランBウエディングプランナー骨と髪インテリアコーディネーターとインテリアプランナー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウォッシュバーンの関連情報