コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォムジャ ウォムジャŁomzˈa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォムジャ
Łomzˈa

ポーランド北東部,ポドラスキェ県の都市。ロシア語ではロムザ Lomzha。ナルウィア (ナレフ) 川に臨む。 10~12世紀の城塞町で,1428年以前に現在地に移った。 15~17世紀に東マゾフシェ地方の中心地の一つとして繁栄。 1795年プロシア領,のち 1815~1921年はロシア領ポーランド王国に属した。第2次世界大戦中,市街の 70%が破壊され,近郊の森で市民1万 2000人がナチスにより処刑された。マゾフシェ地方で最も貴重な後期ゴシック様式の聖堂の一つ (16世紀) がある。商工業都市で,工業では食品,製紙,繊維が中心。人口6万 3936 (2002) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウォムジャ
うぉむじゃ
oma

ポーランド北東部、マズーリ地方ポドラジェ県の都市。ビスワ川の支流ナレフ川に臨み、人口6万5112(2000)。9世紀起源の古い商業都市で、とくに15~17世紀に、政治、経済、文化上重要な都市であった。第二次世界大戦で市街地の70%が破壊された。ビスワ川以東は経済的後進地域であるが、1960年以降は工業化政策が進められている。食品、家具、日用品生産に特色がある。[山本 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウォムジャの関連キーワードウィシンスキ山本

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android