ウォー(英語表記)Waugh, Arthur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォー
Waugh, Arthur

[生]1886
[没]1943
イギリスの評論家。チャップマン・アンド・ホール書店社長。 E.ウォー父親

ウォー
Waugh, Evelyn Arthur St. John

[生]1903.10.28. ロンドン
[没]1966.4.10. サマセット,クームフローリー
イギリスの小説家。オックスフォード大学に学び,最初の小説『衰亡』 Decline and Fall (1928) で認められた。 1930年にカトリックに改宗,同年『汚れた肉体』 Vile Bodiesを出版。 32年の『黒いいたずら』 Black Mischiefは,アフリカの架空の国アザニアを舞台に先住民の対立や白人外交官の滑稽さを描くカリカチュアと風刺の小説で,『タイムズ』紙特派員としてエチオピアなどを旅行した経験を生かしたもの。『一握の塵』A Handful of Dust (34) では,田舎の古い屋敷に住む上流階級の夫婦の生活が崩壊するさまを戯画的に描き,大作『ブライズヘッド再訪』 Brideshead Revisited (45) もカトリックの上流家庭の衰亡を,一将校の回想によって物語るという小説で,カトリック的生き方,知識人の合理主義などの問題も取上げている。『愛された人』 The Loved One (48) はアメリカの葬儀屋のありさまを描いて,アメリカ文明の画一主義を風刺し,独特のブラック・ユーモアをみせている。第2次世界大戦に従軍,軍隊3部作『名誉の剣』 Sword of Honour (52~61) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウォー

英国の小説家。兄のアレクサンダー・ウォーも作家。伝統的中流階級の良さを作品の中で示してみせた。《衰亡記》(1928年),《汚れた肉体》,《黒いいたずら》,《一握の塵》(1934年)などの軽快で残酷な現代生活戯画にすぐれた才能をみせる。《ブライズヘッド再び》(1945年)や《武器をもつ人々》(1952年)に始まる3部作などでは第2次大戦前後の失われゆく伝統的イギリスをノスタルジックに描いて成功した。1930年カトリックに改宗

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウォー【Evelyn Arthur St.John Waugh】

1903‐66
イギリスの小説家。ロンドン郊外に生まれる。父アーサーは有名な評論家で出版社チャップマンの重役。兄アレックも小説家。オックスフォード大学で歴史を専攻するが,学位をとらずに1924年退学。28年バークレア卿の末娘との結婚のため《ロセッティ伝》を出版するとともに,当時の刹那(せつな)的な若者を喜劇的に描いた処女小説《衰亡記》を出版。翌29年事実上結婚を解消,30年には第2作《汚れた肉体》を発表し,同年カトリックに改宗した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ウォー【Evelyn Arthur St. John Waugh】

1903~1966) イギリスの小説家。安直な現代に対する強固な嫌悪感を風刺によって示したカトリック作家。著「一握の塵」「ブライズヘッド再び」「名誉の剣」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウォーの関連情報