コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウシハコベ Stellaria aquatica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウシハコベ
Stellaria aquatica

ナデシコ科の多年草で,日本全国いたるところにみられる。都会地周辺の雑草としても普通である。全体はハコベに似ているが大型で,は高さ 40~50cmに達する。茎はよく分枝するが先端が花となって終るため,そのつけ根の対生する葉の葉腋ごとに側枝を生じるので,一見,二叉分枝状に枝分れを重ねる。葉は無柄で基部は茎を抱き,長さ3~4cmの三角状卵形,全縁でハコベに比べて2倍以上も大きい。花は枝の先端に1個ずつ生じ5弁の白花で花後は下垂し,蒴果となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ウシハコベ

ハコベ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウシハコベ
うしはこべ / 牛繁縷
[学]Stellaria aquatica (L.) Scop.

ナデシコ科の越年草。茎は株立ちとなり高さ約50センチメートル。上部の葉は無柄で亀の甲形をなし、中央脈は茎とともに赤みを帯びることが多い。春から夏にかけ小さな花を茎の先の花序につける。花弁は5枚で白色、深く2裂する。ハコベ属の他の種類と異なり、5本の花柱をもつため独立した属とされることもある。日本全土の畑や道端の雑草で、やや湿った場所を好み、北半球の暖帯から温帯に広く分布する。[三木栄二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のウシハコベの言及

【ハコベ(繁縷)】より

…またかつては若い茎や葉を食用とした。よく似たウシハコベS.aquatica L.は全体に大型で5本の花柱をもつ。ハコベ属Stellariaは世界に100種ほどが知られているが,日本には十数種が低地から高山までさまざまな所に生育している。…

※「ウシハコベ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウシハコベの関連キーワードナデシコ科

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android