コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウシュマル Uxmal

デジタル大辞泉の解説

ウシュマル(Uxmal)

メキシコ、ユカタン半島北西部の都市メリダ南方約70キロメートルにある、マヤ文明を代表する遺跡。600年~900年のマヤ古典期後期のもので、建築物の壁面を覆うプウク様式と呼ばれる複雑なモザイク装飾を特徴とする。1996年「古代都市ウシュマル」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ウシュマル

メキシコ,ユカタン州にあるマヤ古典期後期の遺跡。ユカタン特有のプーク様式によるピラミッド神殿などがグループをなして配置されている。なかでも〈占師のピラミッド〉〈尼僧院〉〈総督の館〉などはマヤ建築の傑作といわれる。
→関連項目ユカタン半島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ウシュマル【Uxmal】

メキシコ、ユカタン半島北部にある古典期後期(600~900年)のマヤ文明の遺跡。ピラミッド・神殿などの宗教的建築物を中心とする都市遺跡。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウシュマル
うしゅまる
Uxmal

メキシコ、ユカタン半島北部、メリダ市の南方約70キロメートルにある、古典期後期のマヤ遺跡。建築、彫刻の美しさで有名。「尼僧院」とよばれる内庭を囲む四つの建物や、「総督の館(やかた)」とよばれる細長い建物の前面上部を飾るモザイク文様は、プウク様式というその時代の建築の特徴をなす。また少なくとも五つの異なった時期の建造物が重ねられた「占い師のピラミッド」(高さ約27メートル)の上部には、神殿中央に神像が取り付けられ、大きく開いたその口が建物の入口となって、いわゆるチェネス様式によっている。このほか球戯場、「亀(かめ)の館」、「鳩(はと)の館」などの建物がある。ウシュマルは、古代マヤの『チラム・バラムの書』や16世紀のスペイン人、ディエゴ・デ・ランダが書いた『ユカタン事物記』でも、重要な都市としてしばしば言及されている。なお、1996年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[増田義郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウシュマルの関連キーワードメリダ(メキシコ)ウシュマル遺跡メキシコ美術サイール遺跡ラブナー遺跡メキシコ史カバー遺跡マヤ文化マヤ美術メキシコ増田義郎

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android