コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスカワマイマイ ウスカワマイマイAcusta despecta; globular snail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウスカワマイマイ
Acusta despecta; globular snail

軟体動物門腹足綱オナジマイマイ科。高 2cm,殻径 2.5cm。殻は薄質で球卵形,螺塔は小さく円錐形で螺層は5階。殻表は淡黄色ないし紫褐色で,色帯はない。体層は特に大きく,丸い。殻口は広くて丸く,成貝になっても殻口縁は厚くなることはない。臍孔は狭く開く。外套膜は淡黄色より黒色まであり,斑点状のこともある。日没から日の出の間に活発に行動し,畑の野菜や庭の花壇を害することがある。産卵期は初夏と秋。雌雄同体であるが他個体と交尾し,白い球形の卵を1回に約 40個を土中に穴を掘って産む。日本全土の平地に多い。寄生虫の1種膵蛭 (すいてつ) の中間宿主となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウスカワマイマイ【Acusta despecta sieboldiana】

畑や庭にもっともふつうなまるみのあるカタツムリ(イラスト)。マイマイ科の巻貝。殻は高さ2cm,太さ2.5cmくらいの球卵形で比較的薄いのでこの名がある。巻きは5階。黄白色であるが,軟体の外套(がいとう)膜の模様が透けて見えるので黒斑があったり全体が黒みがかったりする。成貝になってもふつうのカタツムリのようには殻口が厚くなって広がったりしない。気温が10℃以上になると活動するが,主として夜間活動する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウスカワマイマイ
うすかわまいまい / 薄皮蝸牛
Siebold's globular snail
[学]Acusta despecta

軟体動物門腹足綱オナジマイマイ科のカタツムリ。A. sieboldianaは異名。わが国ではもっとも普通にみられるカタツムリで、日本全土および朝鮮半島に分布している。畑や庭園にすんで木の苗や野菜を食害するほか、海岸のハマユウの間にも多い。殻は球形で、殻高20ミリメートル、殻径25ミリメートルに達し、殻質は薄い。螺層(らそう)は5階で、殻表はこはく色から紫褐色などであるが、色帯はまったくない。殻口は広く大きいが、外唇はほかのマイマイ類のように肥厚していない。軟体の外套膜(がいとうまく)は黄白色のものから紫褐色の斑紋(はんもん)のあるものまであって透けてみえるが、殻の色と一致していない場合もある。初夏と秋に地面に産卵する。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウスカワマイマイの関連キーワード広東住血線虫

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android