コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウスバサイシン

2件 の用語解説(ウスバサイシンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ウスバサイシン

サイシン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウスバサイシン
うすばさいしん / 薄葉細辛
[学]Asarum sieboldii Miq.

ウマノスズクサ科の多年草サイシンともいう。根茎は地に伏し、低く立ち上がった茎の先端に長い柄をもった2枚の葉を対生状につける。葉は卵形で、先はとがり、基部は心臓形となる。冬は葉が枯れる。3~5月に、2枚の葉の間に柄のある扁球(へんきゅう)形の花をつける。萼筒(がくとう)の内部には12本の雄しべと6本の雌しべがみられる。本州および九州北部の山地の樹陰に生える。近縁のオクエゾサイシンA. heterotropoides Fr. Schm.は、葉は大きくて先が鈍く、本州北部から北海道に分布する。また、四国、九州には、雄しべ6本、雌しべ3本をもつクロフネサイシンA. dimidianum F. Maek.が分布する。[菅原 敬]

薬用

漢方では地下部を細辛(さいしん)と称して鎮痛、鎮咳(ちんがい)、去痰(きょたん)、利尿剤として用いる。民間では葉をかんで口臭を除くのに用いる。根をかむと辛いのは、メチルオイゲノール、シネオールなどの精油と他の辛味成分を含有するからである。中国では中国東北部や朝鮮に分布するケイリンサイシンA. heterotropoides Fr. Schm. var. mandshuricum Kitagawaを用い、ヨーロッパではオウシュウサイシンA. europaeum L.を用いる。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウスバサイシンの言及

【フタバアオイ(双葉葵)】より

… フタバアオイ属Asarumは,東アジアを中心に,ヨーロッパや北アメリカにも分布し,常緑性の種と,夏緑性の種がある。日本や中国大陸に分布し,時には別属とされるサイシン類には本州から北九州の山地,中国大陸に分布するウスバサイシンA.sieboldii Miq.(イラスト)や,北海道やサハリンに分布するオクエゾサイシンA.heterotropoides Fr.Schum.,日本の中国,東北地方に分布するその変種のケイソンサイシンvar.mandshuricum (Maxim.) Kitagawaなどがある。それらの根茎を乾燥したものは細辛(さいしん)と呼ばれ,精油のユウゲノールeugenolやアサリニンasarininを含有し,芳香と辛みを有する。…

※「ウスバサイシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウスバサイシンの関連情報