コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウバイド期 ウバイドき Ubaid period

1件 の用語解説(ウバイド期の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウバイド期
ウバイドき
Ubaid period

メソポタミアのハラフ期に次ぐ文化期。南部沖積平野 (エリドゥウルク,ウル,ウカイル,ウバイド) に初めて定着発展したと考えられる灌漑農耕を基盤とする原始農村文化。北部の遺跡にはアルパチャ,ガウラ,ニネベなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウバイド期の言及

【シュメール】より

…シュメールはまた,この地で発達した世界最古の都市文明や,この文明の創始・発展に決定的に貢献した民族や,その言語の名をも示す。
[定住――ウバイド期]
 この地はティグリス,ユーフラテス両大河の運ぶ肥沃な沈泥(シルト)によってつくられた沖積平野の中・下流地帯の低湿地で,アシの生い茂る沼沢や鹹湖があり,陸地の大部分は春に草の生えるだけの荒地であった。気候は前6000~前5000年ころも現在とほぼ似た半乾燥・亜熱帯状態にあった。…

※「ウバイド期」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウバイド期の関連キーワードアッシリア美術メソポタミアメソポタミア美術シュメール人メソポタミア文明青のメソポタミアメソポタミヤの殺人ハラフ文化メソポタミア派メソポタミア平原

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone