コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウバイド ウバイド Al-Ubayyiḍ

3件 の用語解説(ウバイドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウバイド
ウバイド
Al-Ubayyiḍ

スーダン中南部にある町。別称オベイド El-Obeid。首都ハルツーム南西約 360km,標高 570m,砂地に低木の繁茂した高原上に位置し,周囲を防砂林で囲まれる。1821年,エジプト人によって創設されたが,1883年1月ムハンマド・アフマドによって破壊され,1899年再建された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ウバイド【‘Ubaid】

イラク南部にある紀元前六千~五千年紀の青銅器時代の遺跡。都市文明成立直前の様相を示す。 → ウルウルク

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウバイド
うばいど
al-Ubaid

イラク南部、ユーフラテス川の西方砂漠にある、ウバイド期標準遺跡紀元前5000年紀後半から前3500年ごろに位置するものとされる。ウバイド期はエリドゥ期やハジ・ムハンマド期のあとに成立した文化期で、南メソポタミアではもっとも古く、それ以前の文化期を原ウバイド期とする学者もある。ウバイドからは土器が大量に出土したが、層位的にはっきりしていない。むしろ、南東にあるエリドゥにおいて、ウバイド期の層が8層から6層にみられる。ウバイド期は前・後の2期に分けられ、自給的な村落から交易を含む神殿中心の村落への移行が認められる。神殿はエリドゥ、ウルク、ウルにみられ、ウルでは処女層の上に初期のものがみられる。北メソポタミアでは、神殿中心の村落形態はよりいっそう明確となり、テペ・ガウラではウバイド前期に属する神殿が建てられている。[糸賀昌昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のウバイドの言及

【オベイド】より

…スーダン共和国の中央部,コールドファン州の州都。アラビア語ではウバイドal‐Ubayḍ。人口22万8000(1993)。…

※「ウバイド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウバイドの関連キーワードいらくらイランイラク戦争京洛イラク特措法イラクボディーカウント老いらくの恋才らく疼ぐおいらくんプイラクニ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone