コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウプダール ウプダール Uppdal, Kristofer

2件 の用語解説(ウプダールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウプダール
ウプダール
Uppdal, Kristofer

[生]1878.2.19. ベイトスタ
[没]1961.12.26. オルブ
ノルウェープロレタリア作家。羊飼い,農場労働者,鉄道労働者などをしながら国民高等学校に学び,作家生活に入った。彼の主要な関心は農民と労働者の関係で,人生観はかなりペシミスティック

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウプダール
うぷだーる
Kristofer Uppdal
(1878―1961)

ノルウェーの詩人、小説家。北トロンデラグの農家に生まれたが、家が早く破産し、母も死んだので、少年時代から牧童、農家の手伝い、鉱夫などをし、やや長じては自由労働者として水力発電所の工事現場などで働き、その間にナムダルやアスコフの国民高等学校で学んだ。ゲーテ、ハイネ、ニーチェゴーリキーストリンドベリハムスンなどを愛読し、また社会主義アナキズムの理論にも親しみ、しだいに労働運動に参加、その大立て物となった。文学的には詩集『若き悲しみと歌』(1905)がデビュー作で、その後もいくつかの詩集や評論集がある。だが彼の名を不朽にしたのは、1910年から24年にかけて書いた連作の自伝的長編『影の国をぬけての舞踏』10巻で、当時の社会状況と作者の恋愛や思想的悩みの優れた報告となっている。晩年は懐疑と絶望の色を濃くし、故郷に引きこもって寂しく生涯を閉じた。[山室 静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウプダールの関連キーワードスベイトラサテライトスタジオ徳とする調べ糸ベイスターズ小エロベイ島大エロベイ島スター・ウォーズ/クライトスの罠南米ゲリラ マミスタライトスタイル

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone