コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミイチゴ Eleutherobia rubra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミイチゴ
Eleutherobia rubra

刺胞動物門花虫綱八放サンゴ亜綱ウミトサカ目ウミトサカ科。8本の触手をもった大型のポリプが密生して高さ 2~8cm,直径 1.5cmほどの円柱状の群体をつくり,根部で砂質の海底中の石に付着する。個虫の外側の莢部は血紅色で,紡錘形の骨片列で覆われている。相模湾瀬戸内海,日本海沿岸の各地の水深 5~30mの砂底に産する。近縁種はボウウミイチゴ E. rigida,オオバナウミイチゴ E. grandiflora など世界に約 20種が知られている。(→サンゴ刺胞動物花虫類無脊椎動物

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウミイチゴ
うみいちご / 海苺

腔腸(こうちょう)動物門花虫綱八放サンゴ亜綱ウミトサカ目ウミトサカ科ベロネラ属Bellonellaの海産動物の総称、およびそのなかの代表種。この類は全世界に約20種が知られるが、日本には約半数の9種を産し、日本近海はこの類の宝庫といえる。上端部までほぼ太さの変わらない円柱状の群体をなし、その全面に比較的大形のポリプを密生させる。ポリプは共肉内に完全に退縮でき、各ポリプの胃腔は太くて長く、束になって短い柄部にまで達する。ウミイチゴB. rubraは、ボウトサカともよばれ、群体は高さ8センチメートル、径1.5センチメートルになり、柄部は非常に短い。共肉、ポリプはともに血赤色で、日本沿岸に普通にみられ、5メートル以深の砂底に生息する。[内田紘臣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウミイチゴの関連キーワードGrandiflora地家室海域公園地区牛ヶ首海域公園地区沖家室海域公園地区伊崎海域公園地区海域公園地区

ウミイチゴの関連情報