コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミイチゴ ウミイチゴ Eleutherobia rubra

2件 の用語解説(ウミイチゴの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミイチゴ
ウミイチゴ
Eleutherobia rubra

刺胞動物門花虫綱八放サンゴ亜綱ウミトサカ目ウミトサカ科。8本の触手をもった大型のポリプが密生して高さ 2~8cm,直径 1.5cmほどの円柱状の群体をつくり,根部で砂質の海底中の石に付着する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウミイチゴ
うみいちご / 海苺

腔腸(こうちょう)動物門花虫綱八放サンゴ亜綱ウミトサカ目ウミトサカ科ベロネラ属Bellonellaの海産動物の総称、およびそのなかの代表種。この類は全世界に約20種が知られるが、日本には約半数の9種を産し、日本近海はこの類の宝庫といえる。上端部までほぼ太さの変わらない円柱状の群体をなし、その全面に比較的大形のポリプを密生させる。ポリプは共肉内に完全に退縮でき、各ポリプの胃腔は太くて長く、束になって短い柄部にまで達する。ウミイチゴB. rubraは、ボウトサカともよばれ、群体は高さ8センチメートル、径1.5センチメートルになり、柄部は非常に短い。共肉、ポリプはともに血赤色で、日本沿岸に普通にみられ、5メートル以深の砂底に生息する。[内田紘臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウミイチゴの関連キーワードハナヤサイサンゴ海鶏冠珊瑚八放珊瑚六放珊瑚サンゴ(珊瑚)ウミトサカ(海鶏頭)造礁サンゴ(造礁珊瑚)ハマサンゴ(浜珊瑚)六放サンゴ亜綱

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone