コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウリハムシ ウリハムシAulacophora femoralis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウリハムシ
Aulacophora femoralis

鞘翅目ハムシ科。体長7~8mm。ウリバエともいう。体は橙黄色で,後胸,腹部,中・後肢暗色を帯びる。触角糸状。頭部の両眼間に横溝があり,前胸背中央には深い横溝がある。ウリ類の大害虫で,成虫は葉を食べ,幼虫は地中で根を食べる。北海道を除く日本全土,朝鮮に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ウリハムシ

ハムシ科の甲虫の一種。体長8mm内外,橙黄色。ウリ類の害虫で成虫は葉,幼虫は土中の根を食べる。年1回夏に発生し,成虫で越冬する。本州以南,朝鮮半島,中国,台湾に分布。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウリハムシ【Aulacophora femoralis】

甲虫目ハムシ科に属し,ウリ類の害虫として知られる(イラスト)。別名ウリバエ。成虫は背面が橙黄色で,腹部は黒色。胸部に深い横溝がある。体長約7mm。本州以南に広く分布し,朝鮮半島,中国,インドなどにも生息する。成虫は4月ごろから出現し,ウリ類の葉をまるく輪のように食べる。5~8月に土中浅く産卵。幼虫はウリ類の根を食害する。幼虫のからだは白色,円筒形で細長い。胸脚を有し,腹部末端節の背面に環状の点刻を密に有する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウリハムシ
うりはむし / 瓜金花虫
[学]Aulacophora femoralis

昆虫綱甲虫目ハムシ科に属する昆虫。本州、四国、九州、南西諸島および台湾、朝鮮半島に広く分布しており、ウリ類の害虫。体長7~8ミリメートル。橙黄(とうおう)色で、後胸と腹部、中肢(ちゅうし)と後肢は黒い。前胸背には深い横溝があり、上ばねは少し後方が広い。成虫は4~5月ごろから現れ、葉を食べて網目のようにする。よく飛ぶのでウリバエという異名がある。卵は土中のウリの根のあたりに産み付けられ、幼虫は根に食い入って加害する。蛹(さなぎ)になるのも土中で、成虫になって越冬する。この際、石垣のすきまや草の根ぎわなどに集まることが多い。琉球(りゅうきゅう)諸島の個体は一般に赤みが強いが、よく似た体色でやや大形のフタイロウリハムシA. bicolorもいる。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウリハムシの関連キーワード葉虫・金花虫瓜蠅草原葉虫

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウリハムシの関連情報