コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルギー Ölgiy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルギー
Ölgiy

モンゴル西部,バヤンウルギー州の州都。モンゴルアルタイ山脈北東麓,ホブド川沿いの盆地にある。住民の多くがカザフ人で,カザフ語が公用語である。ホブドと航空路,自動車道で結ばれている。火力発電所があり,食品,建設,建材などの軽工業が発達している。人口2万 9400 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウルギー
うるぎー
lgii

モンゴル最西部、バヤンウルギー県の県都。ホブド川の南岸にある。人口2万9700(2003推計)。チュルク系のカザフ人が人口の大半を占めているバヤンウルギー県の政治、経済、文化の中心地で、ロシア連邦に通じるモンゴル横断道路の最西端の要衝となっている。市内にイスラム寺院がある。[吉田順一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウルギーの関連キーワードウラーンゴムサグサイ象徴主義

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android