コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウロキナーゼ urokinase

大辞林 第三版の解説

ウロキナーゼ【urokinase】

タンパク質分解酵素の一種。ヒトの尿中に存在。この作用により、血栓溶解作用をもつプラスミンが生成されるため、血栓の治療に用いられる。出血傾向・過敏症の副作用がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウロキナーゼ
うろきなーぜ
urokinase

線維素(フィブリン)溶解酵素賦活剤。1947年にヒトの尿中から発見されたタンパク分解酵素で、血漿(けっしょう)中に存在するプラスミノーゲンを活性化してプラスミンの形成を促すところから、各種血栓症、塞栓症(そくせんしょう)の治療のほか、マイトマイシンCなどの制癌(せいがん)剤との併用効果を適応としている。これはプラスミンが血液凝固の際に生じるフィブリンを溶解したり、細胞膜の透過性を亢進(こうしん)する作用を有するので、血栓や塞栓を溶解したり、癌細胞を取り囲むフィブリンを溶解し制癌剤の癌細胞への滲達(しんたつ)性を強めるためである。
 ヒトの尿から抽出精製した製剤のほか、ヒト腎(じん)組織培養により製したものもあり、点滴注射薬としてのみ使用される。普通、1瓶中に6000単位、2万4000単位、6万単位含有のものが用いられる。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウロキナーゼの言及

【酵素剤】より


[いわゆる消炎酵素剤]
 キモトリプシン,ブロメラインその他の動植物,微生物起源のタンパク質加水分解酵素類や細菌細胞壁のムコペプチドの分解酵素であるリゾチームなどは,これらを内服した場合に種々の炎症症状を改善する作用,副鼻腔や気管支における分泌物,膿汁などの粘度を下げ排出を容易にする作用などが認められるとして,これらの目的で歯科領域,耳鼻咽喉科領域などで使用されているが,理論的裏づけは不明確のまま残されている。
[その他の酵素剤]
 ヒト尿から抽出されるウロキナーゼ(血液凝固機構によって析出凝固したフィブリンすなわち繊維素を溶解する作用をもつ繊溶系の活性化酵素)は,血栓性の疾患に対して血栓の溶解を期待する治療剤として静脈内に注射される。また溶血性連鎖球菌の1種が産生するストレプトキナーゼもまた同様に使用される。…

※「ウロキナーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウロキナーゼの関連キーワードタンパク質分解酵素プロテインキナーゼ急性動脈閉塞症肺血栓塞栓症トリプシン血栓溶解剤出血傾向肺塞栓症抗血栓剤副作用過敏症脳梗塞TPA酵素剤脳血栓納豆一種

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android