ウンターワルデン(読み)うんたーわるでん(英語表記)Unterwalden

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウンターワルデン
うんたーわるでん
Unterwalden

スイス中部の山岳州。1291年、ウリ、シュウィーツ両州と同盟を結び、スイス連邦結成の主役を担った州で、14世紀にオプワルデンObwaldenとニートワルデンNidwaldenの両準州に分かれ、現在はこれらの総称である。州は北部石灰岩アルプスを構成するヘルベチア押し被(かぶ)せ地塊の範囲内にあり、その北端に展望の優れたピラトゥス山(2129メートル)がある。シュウィーツ州と同じく牧畜地域に属している。牧畜と外国の傭兵(ようへい)が、何世紀にもわたりこの州を経済的に支えてきた。支谷には土地固有の文化が残り、牧草地が多い斜面には孤立農家が散在する。オプワルデンは面積491平方キロメートル、人口3万2700、州都ザルネンSarnen(人口9310)。ニートワルデンは面積276平方キロメートル、人口3万8600、州都はシュタンスStans(人口7212)である(統計はすべて2001年)。[前島郁雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android