コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウンピョウ ウンピョウ Neofelis nebulosa; clouded leopard

2件 の用語解説(ウンピョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウンピョウ
ウンピョウ
Neofelis nebulosa; clouded leopard

食肉目ネコ科。体長 62~107cm,尾長 61~91cm。体は黄色の地に黒い大型の模様があり,これを雲の形に見立ててその名がついた。尾は長く,体のバランスをとるのに役立つ。体重が軽く (16~23kg) ,体はしなやかで,細い木の枝の上でも平気で,樹上生活に適応している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウンピョウ
うんぴょう / 雲豹
clouded leopard
[学]Neofelis nebulosa

哺乳(ほにゅう)綱食肉目ネコ科の動物。ヒマラヤ、中国南部からマレー諸島に分布し、平地から標高2000メートルまでの森林に生息する。体長62~105センチメートル、尾長55~90センチメートル、体重16~23キログラム。台湾産亜種をとくにタイワンヒョウとよぶが、尾長は55~60センチメートルと短い。体は灰黄色で、黒色の雲形の斑紋(はんもん)がある。上あごの犬歯が非常に長い。単独で暮らし、早朝と夕刻に活動する半昼行性で、木登りがきわめて巧みである。樹上でサル、リス、鳥をとらえ、枝の上から主食であるイノシシやシカを襲う。妊娠期間は90日。樹洞に1産2~4子を産む。寿命は飼育下で17年。体の斑紋が本種に酷似するマーブルドキャットPardofelis marmorataも木登りはきわめて巧みであるが、はるかに小形(体も尾も50センチメートルほど)である。[今泉忠明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウンピョウの関連キーワードピューマリビアネコ山猫ヒョウ(豹)ベンガルヤマネコアムールトラウンピョウ(雲豹)スナドリネコ(漁猫)スナネコ(砂猫)ヤマネコ(山猫)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウンピョウの関連情報