コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウンラン(海蘭) ウンラン Linaria japonica Miq.

1件 の用語解説(ウンラン(海蘭)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウンラン【ウンラン(海蘭) Linaria japonica Miq.】

海岸の砂地に生えるゴマノハグサ科多年草イラスト)。花がランを思わせるので,海蘭とついたといわれる。茎は斜上して高さ20~30cm。葉はやや肉質で緑白色,楕円形で対生または輪生し,上部のものは互生する。夏に茎の先に短い総状花序をつくり,数個の花をつける。花は黄白色で,黄橙色の花喉が盛り上がった仮面上花冠である。長さ1.5~2cm,花冠の筒の基部に長さ0.5~1cmの後方に伸びる距がある。果実は球形で径8mmほど,多数の黒色の種子があり,上部が不規則に裂けて種子を散らす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウンラン(海蘭)の関連キーワード海蘭九蓋草弘法芝弘法麦小米草胡麻の葉草鷺苔浪来草川萵苣塩竈菊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone