エアブラシ(読み)えあぶらし

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

エアブラシ

グラフィックスソフトの描画ツールのひとつ。インクを吹き付けるエアブラシのタッチを表現するツール。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

エアブラシ【airbrush】

圧縮空気を用いて、絵の具を霧状にして吹き付け、濃淡の調子を表す器具。また、そのようにして描く方法。ポスターの描画、写真版用原稿の修正などに用いる。エア-ブラッシュ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エアブラシ
えあぶらし
air brush

絵画、イラストレーションの表現や写真修整の特殊な技法。陰影、ぼかし、立体感の描写に用いる。空気圧縮機と、圧縮空気と絵の具を混ぜてそれを霧状に吹き付けるためのピースとよばれる万年筆型の器具を使う。ピース先端のノズル操作で、絵の具の吹き出し量を自由に調節することができ、淡い調子づけや、むらなく塗りたいときなどに効果を発揮する。筆による描写とはまた違った細密な表現が特徴。絵の具は、ポスターカラー、アクリル絵の具、インク、水彩絵の具などが目的に応じて使われるが、とくにアクリル絵の具の登場によって表現性がいっそう緻密(ちみつ)になり、1970年代には絵画の領域にも使用範囲が広がって、スーパーリアリズム様式の表現技法としてよく用いられてきた。90年代に入って、「フォトショップPhotoshop」など、コンピュータのグラフィックス用アプリケーション・ソフトによって同様の表現性が得られるようになり、エアブラシの用途は急激に減少した。[今井良朗]
『トゥームズ・カーチス、クリストファー・ハント著、北村孝一訳『エアブラシ・ブック』(1981・マール社) ▽マイケル・リーク著、森屋利夫訳『エアブラシの技法百科』(1994・グラフィック社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エアブラシの関連情報