コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エアブラシ えあぶらし

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

エアブラシ

グラフィックスソフトの描画ツールのひとつ。インクを吹き付けるエアブラシのタッチを表現するツール。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

エアブラシ

絵具,ポスターカラーなどを圧縮空気の力で霧状に噴出させ,写真の修整や版下ポスターの製作などに用いる装置。万年筆型のハンドピースの先端のノズルの弁を調整して濃淡を加減する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

エアブラシ【airbrush】

圧縮空気を用いて、絵の具を霧状にして吹き付け、濃淡の調子を表す器具。また、そのようにして描く方法。ポスターの描画、写真版用原稿の修正などに用いる。エア-ブラッシュ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エアブラシ

スプレーガン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エアブラシ
えあぶらし
air brush

絵画、イラストレーションの表現や写真修整の特殊な技法。陰影、ぼかし、立体感の描写に用いる。空気圧縮機と、圧縮空気と絵の具を混ぜてそれを霧状に吹き付けるためのピースとよばれる万年筆型の器具を使う。ピース先端のノズル操作で、絵の具の吹き出し量を自由に調節することができ、淡い調子づけや、むらなく塗りたいときなどに効果を発揮する。筆による描写とはまた違った細密な表現が特徴。絵の具は、ポスターカラー、アクリル絵の具、インク、水彩絵の具などが目的に応じて使われるが、とくにアクリル絵の具の登場によって表現性がいっそう緻密(ちみつ)になり、1970年代には絵画の領域にも使用範囲が広がって、スーパーリアリズム様式の表現技法としてよく用いられてきた。90年代に入って、「フォトショップPhotoshop」など、コンピュータのグラフィックス用アプリケーション・ソフトによって同様の表現性が得られるようになり、エアブラシの用途は急激に減少した。[今井良朗]
『トゥームズ・カーチス、クリストファー・ハント著、北村孝一訳『エアブラシ・ブック』(1981・マール社) ▽マイケル・リーク著、森屋利夫訳『エアブラシの技法百科』(1994・グラフィック社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

エアブラシの関連キーワードグラフィックスPainterブラッシュ三尾公三エアガンペイント岸田健作中澤達也アマンダルシャ絵具塗料

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

エアブラシの関連情報