エイスフォラ(英語表記)eisphora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エイスフォラ
eisphora

古代ギリシアのアテネ,スパルタ,アイギナ,ミレトスなどの諸都市にみられる非常時財産税。アテネでは前 428/7年が最初で,富裕者の財産のみを対象とする累進課税。また直接税の嫌悪されたアテネで,市民に課せられた唯一の直接税。前 378/7年には評価財産に課税される納税団体制度があったが,その後最富裕者の前払制度が始った。課税は本来非常時に限られたが,混乱期の前4世紀頃には毎年となり,富裕者を平和主義に向わせた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エイスフォラ【eisphora】

古代ギリシアの戦時特別財産税。おもに前5~前4世紀アテナイにおいて国家財政窮乏の折,戦費捻出を目的として一定額以上の財産を所有する市民と在留外人(メトイコイ)に課せられた。徴収が確認できるのは前428年から。前378年には徴収機構の改革が行われ,納税義務者はシュンモリアsymmoriaと呼ばれた納税団体に分けられ,またそのうちとくに300人の最富裕者には緊急の場合,税の一括前納(プロエイスフォラproeisphora)が義務づけられることによって徴収の迅速・円滑化が図られた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エイスフォラ
えいすふぉら
Eisphoraギリシア語

古代ギリシアの戦時特別財産税。おもに紀元前5、4世紀、アテナイ(アテネ)において国家財政窮乏の際に、戦費捻出(ねんしゅつ)のために一定額以上の財産を所有する市民と在留外人(メトイコイmetoikoi)に課せられた。その徴収組織は前378年以降よく知られており、納税義務者はシンモリアsymmoriaiとよばれた納税団体に分けられ、そのうちとくに最富裕者たちは緊急時に税の前納(プロエイスフォラproeisphora)を義務づけられることによって、徴収の迅速、円滑化が図られた。税率は普通、財産総額の1%であった。アテナイ以外にスパルタ、アイギナ、ミレトスなどにもその存在が知られている。[古川堅治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android