コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エジンバラ城 エジンバラジョウ

3件 の用語解説(エジンバラ城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

エジンバラ‐じょう〔‐ジヤウ〕【エジンバラ城】

Edinburgh Castle》英国スコットランドの都市エジンバラにある城。旧市街中心部に聳(そび)えるキャッスルロックという岩山の上に建つ。イングランドとの攻防の舞台となり、幾度となく破壊と再建が繰り返された。現存する最古の建物は12世紀初期のセントマーガレット礼拝堂。ほかに16世紀のグレートホール、宮殿だったキングズロッジング、スコットランド王家の宝器を展示するクラウンルームなどがある。1995年、この城がある旧市街は、新市街とともに世界遺産文化遺産)に登録された。エディンバラ城

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界遺産情報の解説

エジンバラ城

スコットランド動乱の歴史を語る断崖の城、エジンバラ城。城内に残る最も古い建物であるセント・マーガレット礼拝堂や、城正面を守る堂々たるフォア・ウェル、城の中心部パレスなど数多くの見どころがあります。なかでもパレスの内部は戦争記念館、重厚な時計台、王族の居間、悲劇の女王として知られるメアリの部屋と、興味深いスポットが続きます。エジンバラは「近代のアテネ」とも呼ばれており、周りの自然と街並みがよく調和した町。建築史上または歴史上、貴重とされる建築物の数が16,000にも上るといわれています。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)
世界遺産情報について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エジンバラ城
えじんばらじょう
Edinburgh Castle

イギリス、旧スコットランド王国の首都エジンバラにある王城。断崖(だんがい)絶壁に囲まれた岩山に位置し、どこから眺めても古城らしい厳しい風格を備えている。この岩山は遠い昔から城塞(じょうさい)として使われてきたらしいが、記録に現れるのは11世紀後半のマルコム3世(マクベスに殺されたダンカン王の子)の時代からである。スコットランド王家と貴族たちの内紛や、イングランドとの抗争のたびに、この城は血なまぐさい謀殺の場や攻囲の的になった。本丸に相当する部分に簡素な王宮(15世紀)があり、悲劇的な生涯を送ったスコットランド女王メアリーの居室などがある。王宮に隣接する大ホール(16世紀初め)もまた多くの歴史的事件の舞台になったところで、現在では武器や甲冑(かっちゅう)が展示されている。モンス・メグという巨砲(15世紀)もこの城の名物。なお、エジンバラ城のあるエジンバラ旧市街は1995年、新市街とともに世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[紅山雪夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエジンバラ城の言及

【エジンバラ】より

… 市街はほぼ中央を東西に横切るプリンシズ街を境として,新旧二つの市街地に分けられる。プリンシズ街は,ジョージ3世の2人の王子にちなんで命名されたメーン・ストリートで,北側の通りには,商店やホテルが立ち並び,南側には濠を埋め立てて造った公園があり,そこからエジンバラ城の雄姿が眺められる。公園には文豪W.スコットの像をはじめ,多くの記念碑や世界最初の花時計(1903)がある。…

※「エジンバラ城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

エジンバラ城の関連キーワード相葉ゆきこエディンバラエディンバラ城スクーン宮殿プリンスィズ通りダラム城ドラム城トリム城パーク城ブレア城

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エジンバラ城の関連情報