コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エスピリトゥ・サント[島] Espíritu Santo Island

世界大百科事典 第2版の解説

エスピリトゥ・サント[島]【Espíritu Santo Island】

南西太平洋,ニューヘブリデス諸島(バヌアツ共和国)最大の島。面積3947km2。人口は周辺属島を含め1万9000(1979)。1606年スペインの探検家ペドロ・フェルディナンド・デ・キロスが到達,〈聖霊の地〉を意味するエスピリトゥ・サントと名づけた。南東端のルガンビル(人口約7000)はバヌアツ第2の町,北部行政区の主都で,政治・経済の中心である。島の大部分,とりわけ島の西半分は地形が険しく(最高峰タブウェマサナ山,1879m),未開拓のまま残されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報