コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エセックス伯 エセックスはく

百科事典マイペディアの解説

エセックス伯【エセックスはく】

英国の軍人,エリザベス女王最後の寵臣。サー・フィリップシドニー未亡人と密かに情を通じていたにもかかわらず,1590年代の宮廷において急速に台頭し,一貫して対スペイン強硬論の立場を主張し,スペインのカディスへの遠征を指揮し,以後,枢密顧問官,警備長官へと昇進したため,その専横ぶりに対する批判も高まり,それが女王への批判ともなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エセックスはく【エセックス伯 Robert Devereux,2nd Earl of Essex】

1566‐1601
イギリスの軍人。ケンブリッジ大学卒。エリザベス1世の晩年,若くして宮廷の寵児となる。終始,対スペイン戦における強硬派を代表。1590年秘密結婚がばれ不興を被る。96年スペインのカディス遠征に成功して寵を回復し,その後警備長官,アイルランド総督となる。99年任地の平定に失敗,弁明のため無断帰国し,官位を剝奪された。1601年謀反を企てて失敗,刑死。文芸の保護者としても有名。【越智 武臣】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のエセックス伯の言及

【エリザベス[1世]】より

…イギリス,チューダー朝の女王。在位1558‐1603年。ヘンリー8世と2番目の妃アン・ブーリンの子。1536年母が刑死し非嫡出子とされたが,44年には王位相続権を認められた。ルネサンス新学芸の影響下に成長し,幼時から聡明をもって聞こえた。弟エドワード6世治下では,王位をねらうノーサンバーランド公の陰謀を排し,姉メアリーの即位を助けた。54年ワイアットの反乱では姉により連座を疑われて一時入獄したが,ほどなく釈放され,58年メアリーの没後即位した。…

※「エセックス伯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報