コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾシロチョウ エゾシロチョウAporia crataegi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エゾシロチョウ
Aporia crataegi

鱗翅目シロチョウ科。大型のシロチョウで,前翅の開張幅 66mm内外。翅は薄いパラフィン紙を張ったようで,鱗粉が少く,全体にやや黄色を帯びた白色で,翅脈や外縁部,つけ根部分などが暗色となる。ユーラシア大陸に広く分布し,日本では北海道にのみみられる。成虫は年1回,6月 (平地) ないし7月 (山地) に現れ,アザミの花などに飛んでくる。幼虫の食草はエゾノウワミズザクラエゾヤマザクラのほか,リンゴ,カイドウなどバラ科栽培植物。幼虫は群生し,集団で越冬する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

エゾシロチョウ【black‐veined white】

ヨーロッパから北海道まで連続して分布する旧北区の代表的な鱗翅目シロチョウ科の昆虫で,北海道産の亜種A.c.adherbalはもっとも大きい。イギリスでは1926年ごろ絶滅した。開張6.5~7cm。雌の前翅中央部は半透明である。年1回,6~7月に発生する。雌はリンゴ,ボケ,サンザシなどバラ科植物の葉裏に黄色の卵を最高200個ほど,1層,まれに2層の塊として産みつける。孵化(ふか)した幼虫は葉で巣をつくって集団で生活し,3齢幼虫で巣の中で越冬する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾシロチョウ
えぞしろちょう / 蝦夷白蝶
black-veined white
[学]Aporia crataegi

昆虫綱鱗翅(りんし)目シロチョウ科に属するチョウ。樺太(からふと)(サハリン)、朝鮮半島北部、中国北部からヨーロッパにかけて広く分布し、日本では北海道だけに産する。はねの開張60~75ミリメートル。はねの表面は白色で、基部、脈、外縁は淡黒色。雌は白色鱗が少なく、飛び古した雌のはねはほとんど半透明となる。成虫は年1回発生し、平地では6月中旬から7月中旬ごろ、山地では7月上旬から8月上旬ごろに出現する。幼虫はカイドウ、ボケ、サンザシ、ナシ、リンゴ、各種のサクラ類などの葉を食べ、卵は食草の葉裏に産み付けられる。幼虫は共同の巣をつくり、集団で越冬する。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

エゾシロチョウの関連キーワードシロチョウ(白蝶)ミヤマシロチョウウスバキチョウコマユバチ