コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エゾゼミ エゾゼミ Tibicen japonicus

4件 の用語解説(エゾゼミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エゾゼミ
エゾゼミ
Tibicen japonicus

半翅目同翅亜目セミ科。夏期,アカマツ林で「ぎぃー……」と震えを帯びた大きな声で鳴く。大型で,体長 (翅端まで) 67mm内外。体は黒色で,中胸背に黄褐色のW字紋がある。翅は透明,翅脈は太めで,黄緑色ないし黒褐色

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エゾゼミ

半翅(はんし)目セミ科の昆虫の1種。翅端まで67mm内外,だいだい色の紋のある大きなセミで,翅は透明。日本全土,朝鮮に分布。山地のアカマツ林に多く,ギーと鳴く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

エゾゼミ【Tibicen japonicus】

半翅目セミ科の昆虫(イラスト)。日本各地の山地にふつう。北海道,本州,四国,九州,朝鮮半島,中国に分布する。大型種で,体長4~4.6cm,前翅の開張11.5~13cmである。体は漆黒色で,前胸背の外側,中胸背のW字紋は黄褐色である。翅は透明で,翅脈は暗緑色ないし黒褐色である。雄の腹弁は丸みを帯びるが角形を呈する。体下面は全体的に白粉で覆われる。7~9月に標高600~1000mの山地に見られ,種々の樹木のこずえなどに逆さにとまって,ギーという単調な声で鳴く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エゾゼミ
えぞぜみ / 蝦夷蝉
[学]Tibicen japonicus

昆虫綱半翅目(はんしもく)セミ科に属する昆虫。日本全土、朝鮮半島、中国に分布。体長は翅端(したん)まで60~65ミリメートルの大形のセミである。体は黒色の地に、赤褐色と黄色の斑紋(はんもん)をもつが、個体により色彩に変異がある。はねは透明で、翅脈は褐色。雄の腹弁は幅より長い。北海道や東北地方では平地から低山地にかけて生息するが、そのほかの地域では標高600メートル以上の山地にすむ。成虫は7月中旬から9月中旬まで出現し、マツやスギ林で、ギーギーと連続して鳴く。日本産のエゾゼミ属はほかに4種が知られている。アカエゾゼミT. flammatusはエゾゼミに似るが体色は赤みが強く、生息地は局所的である。コエゾゼミT. bihamatusは体長34~38ミリメートルでやや小形。北海道、本州、四国の山地および樺太(からふと)(サハリン)、南千島に分布する。キュウシュウエゾゼミT. kyushyuensisは本州(広島県)、四国、九州に分布するが、コエゾゼミと分布が重ならない。ヤクシマエゾゼミT. esakiiは屋久島(やくしま)の高地にのみ分布する。[立川周二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エゾゼミの関連キーワードアブラゼミチッチゼミニイニイゼミヒメハルゼミ熊蝉角蝉オガサワラゼミトコジラミ(床虱)ツクツクホウシヒグラシ(蜩)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エゾゼミの関連情報