エティエンヌ父子(読み)エティエンヌふし

世界大百科事典 第2版「エティエンヌ父子」の解説

エティエンヌふし【エティエンヌ父子】

アンリ1世(1470?‐1520)を初代とし,1502年から1630年に及ぶフランスの代表的初期印刷出版者・人文主義者の家系のなかでも,とくに傑出した父子。ラテン名はステファヌスStephanus。初代アンリの次男ロベール1世Robert I Estienne(1503‐59)は,義父シモン・ド・コリーヌの印刷工房を継ぎ,聖書(ラテン語訳1528,ヘブライ語原典旧約1539‐44,ギリシア語新約1546)や《羅仏辞典》(1538),《仏羅辞典》(1539)の編纂と出版,ギリシア・ローマ古典の活字化に心血を注いだ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のエティエンヌ父子の言及

【印刷工】より

…初期の印刷工に特徴的なことは,印刷と並んで出版や販売にたずさわっている例が多いことであり,また,自ら美しい活字を彫る工芸家であったり,ギリシア語やヘブライ語にも通じる人文学者であったりすることもまれではない。バーゼルのアーメルバハやパリのエティエンヌ父子は,学者としても名高く,彼らの工房はユマニストたちの集会場所となり,新しい知的サークルの拠点ともなった。 ルネサンスの革新の気運に満ちたこの時代にあって,諸国の君侯は,すぐれた印刷工房を擁することを誇りとし,租税免除や帯剣許可などの特権を与えて印刷工を保護した。…

※「エティエンヌ父子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android