エネア・シルビオ・ピッコロミニ(英語表記)Enea Silvio Piccolomini

世界大百科事典 第2版の解説

エネア・シルビオ・ピッコロミニ【Enea Silvio Piccolomini】

1405‐64
教皇ピウス2世(在位1458‐64)の俗名シエナの没落貴族の家に生まれ,法学を学んだ。バーゼルの公会議の書記となり,ニコラウス・クサヌスに代表される〈公会議首位説〉の信奉者となった。つづいて皇帝フリードリヒ3世の書記官に就任。人文主義者としての学識を発揮して,歴史,地理,詩など多くの著作を書く一方,外交活動にも活躍した。その後,聖職者の道を歩み,トリエステやシエナの司教枢機卿をへて1458年教皇に選出され,ピウス2世として即位した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android