コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エネア・シルビオ・ピッコロミニ Enea Silvio Piccolomini

1件 の用語解説(エネア・シルビオ・ピッコロミニの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エネア・シルビオ・ピッコロミニ【Enea Silvio Piccolomini】

1405‐64
教皇ピウス2世(在位1458‐64)の俗名。シエナの没落貴族の家に生まれ,法学を学んだ。バーゼルの公会議の書記となり,ニコラウス・クサヌスに代表される〈公会議首位説〉の信奉者となった。つづいて皇帝フリードリヒ3世書記官に就任。人文主義者としての学識を発揮して,歴史,地理,詩など多くの著作を書く一方,外交活動にも活躍した。その後,聖職者の道を歩み,トリエステやシエナの司教,枢機卿をへて1458年教皇に選出され,ピウス2世として即位した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

エネア・シルビオ・ピッコロミニの関連キーワード帖木児日野業子ティムール帖木児天城山尾鈴山国阿金春禅竹絶海中津鄭和

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone