コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エネア・シルビオ・ピッコロミニ Enea Silvio Piccolomini

1件 の用語解説(エネア・シルビオ・ピッコロミニの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

エネア・シルビオ・ピッコロミニ【Enea Silvio Piccolomini】

1405‐64
教皇ピウス2世(在位1458‐64)の俗名。シエナの没落貴族の家に生まれ,法学を学んだ。バーゼルの公会議の書記となり,ニコラウス・クサヌスに代表される〈公会議首位説〉の信奉者となった。つづいて皇帝フリードリヒ3世書記官に就任。人文主義者としての学識を発揮して,歴史,地理,詩など多くの著作を書く一方,外交活動にも活躍した。その後,聖職者の道を歩み,トリエステやシエナの司教,枢機卿をへて1458年教皇に選出され,ピウス2世として即位した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

エネア・シルビオ・ピッコロミニの関連キーワードエウゲニウスグレゴリウスボニファチウスレオヨハネスピエンツァインノケンティウステオドシウスアントニヌスピウスピウス二世広場