エパクリス(英語表記)Epacris

世界大百科事典 第2版の解説

エパクリス【Epacris】

ツツジ科のエリカに似たエパクリス科低木(イラスト)。が1室で縦に裂ける点で,ツツジ科が2室で多くは先端が開孔するのと異なる。葉は互生し,革質で鋸歯がない。花は総状花序を作るか,葉のわきに1個つき,宿存性の苞葉と4~5裂するがある。花冠は筒状で,先が4~5裂し放射相称おしべは4~5本。子房は上位で4~5室に分かれる。果実球形(さくか)で5裂し,多数の種子を出す。オーストラリアタスマニアニュージーランドに約40種が知られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エパクリス
えぱくりす
[学]Epacris

エパクリス科の常緑小低木で、エリカに似る。原産地はオーストラリア、ニュージーランド、タスマニアで、約40種ある。花色は白、赤、紫などがあり、筒状または鐘状の小花を下向きに総状花序につける。原産地では四季咲き性で、冬から初夏にかけて多くの花をつけ、鉢花、切り花とする。耐寒性はなく、最低5~6℃は必要で、暖地でも無加温室で栽培する。鉢植えのものは冬季は室内で越冬させる。性質はエリカによく似ており、排水のよい用土で、夏季は半日陰の冷涼な場所で肥培(ひばい)し、初秋からはよく日に当てて育てる。繁殖は挿木による。[金子勝巳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android